« それは違うベ! 天声人語氏 | トップページ | 停電地域の拡大を望む »

2011年3月21日 (月)

モノが無いは本当か?

今回の大震災の影響で、スーパーをはじめ、様々な店舗で
商品が姿を消しています。

端緒は納豆の品薄でした。
震源地に近い茨城県は納得の特産地で、電力不足によって
納豆の生還が出来なくなったそうです。

次いでパン類が無くなり、牛乳が後を追い。
カップ麺や乾麺などが無くなりました。
停電となれば乾電池やロウソクが買い漁られます。
何故かトイレットペーパーやティシュペーパーまで・・・

まるで石油ショックの再来です。
しかし、被災地以外では平和な生活が繰り返されています。
今ここで、一枚の食パンが無くても、
1リットルのガソリンがなくても、
生活が成り立たない現実などありません。

今日明日の生活が成り立てば良いのではありませんか?
明後日のことは明日になって考えれば良いのです。

需要が無いのであれば別ですが、不必要な需要の所為で
供給が間に合わないのが現実ではないですか?
流通の混乱や、一部の生産調整などは有るものの
生活そのものが成り立たない状況ではありません。

日頃行く店舗に物資が無いからといって、全ての店舗で
物資が無いのではありません。
乾電池を十分に揃えている量販店がありました。
マスクを店頭に山積みした店もあります。

開店前の店頭に列を成し、
開店と同時に商品を買い漁るから、後から行ったときには
商品棚が空になっているのです。

自分の目に見えないは、無いではない。
もっと冷静に周りを見渡しものです。

G15t64hi371318_2

|

« それは違うベ! 天声人語氏 | トップページ | 停電地域の拡大を望む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは違うベ! 天声人語氏 | トップページ | 停電地域の拡大を望む »