« 粉もの | トップページ | 未曾有の国難 »

2011年3月12日 (土)

東北の地震を首都圏で体験

11日の岩手県と宮城県を中心に大きな被害をもたらした大地震。
東京でも非常に大きい揺れが襲いました。
外に非難してワンセグで情報を得ていた人から、
両県の被害が大きいと聞きました。
もっと首都圏に近い震源かと思いましたが、そうではなかった。
震源地近くの地域での恐怖と被害を思ったのは、自分が受けた
衝撃が大きかった証拠でしょう。

交通機関が全面的にマヒして、徒歩で帰宅する人の列が
延々と続いていました。
これらの人々は怪我もせず、周囲が廃墟でなかった分、
まだ元気に歩いていましたが、本当の被災地となったら
さぞ悲惨な光景になったことでしょう。

今回の地震を他山の石とするつもりはありませんが、
改めて防災の重要性を考えさせてくれる契機となりそうです。

今回の地震は、津波による被害がより大きかったようです。
建物が密集した首都圏では、建物の崩壊による被害が大きくなり、
火災などの二次災害も考えられます。
やはり備えは万全にしなければなりません。

それぞれ何をするか、何が出来るかを考えたいものです。


|

« 粉もの | トップページ | 未曾有の国難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粉もの | トップページ | 未曾有の国難 »