« 無益な買いあさり | トップページ | 覆水盆に戻らず »

2011年3月16日 (水)

揺れる日本列島

15日夜、静岡地方を震源地とする地震が起きました。
同日朝には東京湾が震源になっている地震がありました。
静岡の地震は、東海地震との関連は無いとの
気象庁の見解が示されました。

この度の東北関東大震災はもとより、
その後、長野県でも大きな地震が起きています。
これらの地震に関連は無いようですが、
国民に与える巨大地震症候群とでもいいましょうか、
心理的圧迫は膨らむばかりです。

潜在的な畏れを拭い去るのは難しいと思われます。
それが有る限り、買いだめなどの自己防衛本能
発露を防ぐなども不可能でしょう。
しかし、(某地方自治体の知事が言った) 我欲 は慎みたい

いまや、被災地でも無いのに、首都を中心に周辺地域で
物資が底をついている状態は天罰に非ず、人災です。
福島の原子力発電所の被害拡大の原因も、人災です。
およそ事故発生後に、住民に向けて非難勧告をする際
半径10キロとか20キロの半径を設定しましたが、
その範囲に相当する地域の設定が、非難勧告後に
定規を当てている有り様です。
原子力という危ういエネルギーを扱うには、あまりにも
脆弱な危機管理体制ではありませんか?

大震災が人々に残した忌まわしい記憶と傷、
そして第二次災害(人災)の終息まで、どれだけの歳月を
擁するのでしょうか?

問題は一国の大災害にとどまらず、世界的な問題として
拡がりつつあります。





|

« 無益な買いあさり | トップページ | 覆水盆に戻らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無益な買いあさり | トップページ | 覆水盆に戻らず »