« プロ野球を観たいか? | トップページ | モノが無いは本当か? »

2011年3月21日 (月)

それは違うベ! 天声人語氏

我が国が未曾有の国難に見舞われている、いま。
些末な事象に目くじらを立てるのは如何なものか?
とは思うものの、やはり気持ちを逆なでするような言葉に
モノ申したくなるヘソ曲がり。

3月20日付けの朝日新聞朝刊。
この全国紙の顔ともいえる天声人語欄の末尾の一説。
我が国は、第二次世界大戦後の荒廃とした国土から
多くの困難に打ち勝って、復興を遂げました。

その事実を、天声人語氏は以下の言葉で表わしました。
(前略) 焼け野原から立ち上げたこの国 (後略)

戦前の国体が崩壊し、全く異なった価値観で
復興を遂げようとした日本は、新たに生まれた国家と
考えられなくはありません。
しかし、国土の大半は温存され、国民の生命も保証された上で
復興した我が国は、決して新たに建設された国家ではない。
故に 立ち上げた はおかしかろう。

昨今、何かといえば立ち上げたが跋扈している。
世間で蔓延するだけでなく、メディアでも安易に使われる。
それにしても、この天声人語氏の立ち上げたには驚愕した。

本来なら、焼け野原から復興を遂げたとか
戦前の日本とは異なる国家に再生した
などと記すべきではなかろうか??

論理と、言葉の達人であるはずの天声人語氏
その達人にして、この安易な言葉づかい。
暗澹たる思いです。

|

« プロ野球を観たいか? | トップページ | モノが無いは本当か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロ野球を観たいか? | トップページ | モノが無いは本当か? »