« 未曾有の国難 | トップページ | 揺れる日本列島 »

2011年3月15日 (火)

無益な買いあさり

東北関東大地震の影響で、停電だの電車運休だの
なにかと落ち着かない毎日です。

日々の暮らしで目につくのは、スーパーマーケットの店頭から
様々な商品が姿を消したことです。
停電に備えて懐中電灯や乾電池が買われるほか、
ロウソクも品薄になっているようです。

食料品でも同様な心理からか、空っぽの商品棚が目立ちます。
まさか全てが被災地に送られる訳ではありますまい。
モノが無くなる不安感から買いあさりに走るのでしょう。
電力不足から製造できない食品もあるのは事実です。
しかし、押しなべてこれらの傾向は如何なものか・・・

停電や電車の運休、商品の品薄に不満や不安を抱く。
正直は気持ちとは思うのですが、我々とは比べ物にならない
窮状に置かれた人々を思うとき、いささか浅ましく感じるのは
私だけでしょうか?

もう少し冷静に行動したいものです。

|

« 未曾有の国難 | トップページ | 揺れる日本列島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未曾有の国難 | トップページ | 揺れる日本列島 »