« 放っておけば・・・ | トップページ | 通勤電車殺人事件。かぁ・・・ »

2011年2月 6日 (日)

八百長でなく、互助会だ。

えっ! そうだったの!?
そんなの当たり前だよ。
日本相撲協会の八百長相撲に対する反応でしょう。

真剣勝負であるべきの土俵上で、勝星の遣り取りをしていた疑惑。
こうした疑惑は、これまでも幾多の告白や報道で取り上げられた。
その度に裁判に持ち込まれ、日本相撲協会が勝訴し、
同協会は多額の賠償金を手にしてきた。
それが今、そうした金が泥棒金だったとなりかねない。

白鳳に連勝記録を抜かれた昭和の大横綱にして、
現役時代から八百長の疑いをかけられ、
疑惑の連勝記録との報道もあった。

部屋が違うといっても、詮は相撲というムラ社会の中で、
どれだけ浄化された勝負が期待できようか?

勝負検査役は土俵下で何を見ていたのか!?
立会いや、勝敗の行方だけを見ていたとするなら何たる怠慢。
その勝負の真剣さを見切れない勝負検査役など、
土俵下に座を占めるカボチャに過ぎない。

なに、あれは八百長などではないのさ。
互助会
同じムラに生きる者同士、細く長く生き延びるには
ああした互助会はありがたい存在だ。
いまの協会幹部にして、我は一切星の遣り取りをしなかった
と、大手を振って言い切れる親方が何人いらっしゃるか??

それにしても、小倉某なるテレビキャスター
この時期に、野球賭博とは関係ない八百長問題が表に
出るのは訝しい、とのたまっわっているとか・・・
公益法人問題の関連で発言した模様だが、
相撲と政治は別に発言したがよかろう・・・
安っぽい正義感は仇になるぞよ。











|

« 放っておけば・・・ | トップページ | 通勤電車殺人事件。かぁ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 放っておけば・・・ | トップページ | 通勤電車殺人事件。かぁ・・・ »