« エジプトは対岸の火に非ず | トップページ | 修復しました »

2011年2月19日 (土)

ボキッ!!

長年使っている片手鍋の柄が折れました。
この鍋は家人の嫁入り道具で、四半世紀もの間
我が家の台所で活躍してくれています。

今回折れた柄は四代目になりますか??
鍋に差し込んだ部分が水気で腐り、その度に交換しましたが
この位置で折れたのは初めてです。

何の変哲もない片手鍋ですが、鍋肌が厚いつくりで
昨今では何処を探しても見つけることが出来ない逸品です。
それ故に何回も柄を交換しながら使いこんできました。

また新しい柄に交換しなければなりませんが
取り付ける木の柄の径が、受ける鍋の径より太く
木の柄を丸く削らなければなりません。
これが飛騨の匠のような業を必要とし、併せて根気もいります。
果たして新しい柄が取り付けられるのは何時のことでしょうか??

80g15t48hi371245_3

|

« エジプトは対岸の火に非ず | トップページ | 修復しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エジプトは対岸の火に非ず | トップページ | 修復しました »