« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

それは桜とともに

東京に春一番が吹いた日
花粉症の一番が我が身を襲いました。

今年の花粉飛散量は昨年の数倍というニュースは
横目で眺めていながら
どこか切実に受け止めてはいませんでした。
なぜなら数年来、花粉症の症状が軽く済んでいたからです。
それが今季最初の症状がかなり重く
遅ればせながら花粉症への警戒を深めた次第です。

通勤の途次、河津桜が開花したのに気付き
この花と花粉症は同時にやって来るのだと思い出しました。

この春
染井吉野が咲く上野公園は、パンダ人気とともに賑わうでしょう。
と同時に、花粉症に悩む人々も多いのではないでしょうか?

Gs15t72img_2144

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

わからん・・・小沢某の腰巾着

民主党のお家騒動の真相は何処にありや??
小沢議員の側近(つまりは腰巾着)らしい議員が
公務を辞職する届けを政府に出したとか・・・

その一週間前には、小沢議員の取り巻き連中が
国会の会派を離脱する意向を示しました。
そうした議員の中には参議院選挙の比例代表区で当選した
議員が居るのだとか。
つまりは民主党の威光で当選した議員でありながら
民主党が所属する国会会派を離脱するとは如何なることか?

己の力に非ず、党の力で当選しておきながら
その党の方針に背く行為は、即ち、民主党支持者に背くこと。
ならば、己の議員としての立場を確保しつつ、母体の党に
反発する行為の愚かしさを認識していない愚か者が
国政の場で跋扈する事実をどのように納得すべきか!?

会派は党にあらず、が彼らの正義なのだろうが
有権者を裏切っている意味で、罪の重さに変わりはない。
そもそも国会議員は手厚い保護の下に、その地位を保証されて
いるらしいが、有権者の意志に反する行為には
重い罰が科せられるべきではないか?

己の議席を護ることに汲々とし、国会議事堂の廊下を飛び回る
そんな情けない奴等の愚行は法律で禁ずるべきである。

有権者の一票の重さが憲法違反に問われるならば、
有権者の委託に背く身勝手な議員をのさばらせるのは
最悪の憲法違反ではないか・・・

さっさと議員辞職せよ!! 小沢の子分ども。


| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

他人の不幸は・・・

一説に 他人(ヒト)の不幸は鯛の味がする とか・・・
親密な間柄かどうかに関係なく、他人が奈落の底に落ちる。
その瞬間というものに至高の歓びを感じる。
恐ろしくも浅ましい人間の業を感じさせる言葉です。
まさしく、この戒めに逆らって他人の不幸を歓んだ経験。
仕事場の同僚である女性の配偶者が怪我をしたという顛末。

その女性の配偶者が、指を切断したとの連絡を受け
とる物もとりあえず病院に駆けつけたところ・・・
果物ナイフで小指の骨まで達する傷で13針を縫いました。

そのときの出血の多さに、当のご本人は気が動転しました。
とても自分では救急連絡を出来ないと判断して、
マンションの隣家に助けを求めたまでは懸命な判断でした。

ところが件の住宅は、玄関が重い鉄の扉に覆われており
平時でもヨイショコラッ!と力を振り絞って開けなければならない。
そこで出血多量で瀕死の配偶者氏が渾身の力を振り絞り
鉄の扉を開けた途端、真後ろに昏倒したとか・・・
その際、高等部に傷を負い3針の縫合を受けました。

これを至れり尽くせりなぞと申しては不謹慎極まりますが
コトは、このままでは済みませんでした。

昏倒する寸前、この配偶者氏は両手を宙に這わせました。
その結果! 切断の危機に見舞われた指が、
あろうことか閉まってきた重い鉄の扉に挟まり、指先を骨折。

こういう事態が現実に起こり得るのですね。
話しを聞いた一同は、大事に至らずコトが治まったのを
心の底から歓び、反面では面を俯かせて嗤いを
しきりに堪えていました。

これじゃぁ!まるで「8時だよ! 全員集合」などで
ザ・ドリフターズのいかりや長介がみせたギャグの世界!!
ご念のいった話であります。

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

修復しました

まず折れた片手鍋の柄。
交換用の柄を削らなければならず面倒ですが
昨夜遅くなってから始めた作業が、朝5時に終了。
思いのほか巧く削れたと自画自賛。

今朝は台所の水道栓から水漏れしていたのを修繕。
実は先週も別の水漏れを修繕したのですが、
一ヶ所の修繕では直りきらず、再びの部品交換です。
しかし、水も漏らさぬとはよくいったものです。
見た目は磨耗したようには見えませんが、
どこかに不具合があるのでしょうね。
部品を交換すればピタリと水漏れが止まりした。

片手鍋の柄と、水道栓の部品2点を併せても
千円少々の出費で直すことができました。

新しい鍋を買えば、古い鍋は捨てなければなりません。
水道の専門業者に修理を依頼すれば出張費だけでも
多額の請求があるでしょう。
無駄を省いて経済的な日曜大工。
何気なく修理していますが、このような事を出来る
便利な亭主です。
その割りに感謝の言葉がなかったなぁ・・・

| | コメント (0)

2011年2月19日 (土)

ボキッ!!

長年使っている片手鍋の柄が折れました。
この鍋は家人の嫁入り道具で、四半世紀もの間
我が家の台所で活躍してくれています。

今回折れた柄は四代目になりますか??
鍋に差し込んだ部分が水気で腐り、その度に交換しましたが
この位置で折れたのは初めてです。

何の変哲もない片手鍋ですが、鍋肌が厚いつくりで
昨今では何処を探しても見つけることが出来ない逸品です。
それ故に何回も柄を交換しながら使いこんできました。

また新しい柄に交換しなければなりませんが
取り付ける木の柄の径が、受ける鍋の径より太く
木の柄を丸く削らなければなりません。
これが飛騨の匠のような業を必要とし、併せて根気もいります。
果たして新しい柄が取り付けられるのは何時のことでしょうか??

80g15t48hi371245_3

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

エジプトは対岸の火に非ず

まさに同床異夢の民主党。
トカゲの尻尾切りよろしく小沢某切りを断行したが・・・

魑魅魍魎が跋扈する永田町にあって
いま、これほどにも理解しがたい組織も得がたいか??
自身の議席維持に奔走する輩が集まった雑煮鍋は食わん!!

ようは
政権ゲームに思いもよらず勝利したゲーム初心者が
その権限を持て余し、リセットする機会すら逃して迷走している。

責任を問わない野党時代に、高らかにブチ上げた政権公約
つまりマニュフェストへの無責任さのツケがまわっているのが現状。

かといって、長年に渡って、我が国を統べた自由民主党ですら
野党に転じるやいなや、卑しい与党批判しかできない現状!!

エジプトするぞっ!!

| | コメント (0)

自由民主党のバカヤローッ!!

政治の世界では混迷が続いています。
コレ何時からのコトでしょうね??

言わずもがな。
民主社会党が政権を担って以来、この国の政治・政策は
どれをとっても停滞しているように感じられます。

一つは政権をとった民主党のチカラ不足にありましょうが、
一方で、太平洋戦争終結以降、この国を統べてきた政党
即ち、自由民主党の失政のツケが、現政権と国民に
重圧として圧し掛かっているのが真相ではなかろうか?

現自民党党首は、青筋たてて総理大臣を攻めたてるが
アンタだって、数回前の自民党総裁選挙では消費税を上げる
それでなければ、この国の将来はないと訴え、時の総裁選挙に
敗れたのではなかったですかね?

その、ご本人が自由民主党の党首意に就任し途端
持論を引っ込めるのはいかがなものか???

オマエラ、自己保身ばかりに走っていると
エジプトの二の前になるぞよ!!

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

大雪です

大都会・東京の天災に対する脆弱さは
今さらいうに及ばずですが・・・

先日の大雪予報は、いささか大山鳴動して鼠一匹
の趣きがありました。

しかし、今夜の雪は突然の嵐とでもいいましょうか
雨の予報が外れ、大雪になってしまいました。

立春を過ぎて雨の日が増え、少しずつ春に近付きます。
そうした中、気温の具合で雨が雪に変わる確率が高まります。
これから先の一ヶ月余り、いわゆるなごり雪の頃まで
東京では雪に対する警戒を解くわけにはいきません。

この辺り、誰がどれほど意識していますかね?

Cs5t72img_2131

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

雪狂想曲

全国的に荒天が猛威を振るい
関東地方でも大雪の予報に戦々恐々した二日間
過ぎてみれば大山鳴動して鼠一匹の趣き

僅かな積雪でも都市機能がマヒすることを思えば
何事もなく過ぎた幸い

一方で
本格的な雪害に見舞われた地方には
お見舞いの言葉もありません

天災とはいえ
何とかならんものかと・・・
切羽詰まった言葉とは聞こえないだろうなぁ・・・

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

通勤電車殺人事件。かぁ・・・

出勤や帰宅のラッシュアワーの電車は殺伐としています。
古くから 袖振り合うも他生の縁 と申しますが・・・

シートに座っていたり、あるいは立っていたりするとき
電車の揺れでこちらの体が、前後左右に揺れ傾きます。
昨今の人々は、これが我慢ならないようです。

一瞬、嫌な顔をされるのならまだしも、
強引に、こちらの身体を押し返してきたりします。
混んだ電車のこと、多少の軋轢が有っても、そこはお互い様。
もっと鷹揚に構えられないものかねぇ・・・

そんなに他人との接触を嫌うなら、貸切電車に乗りなっ!!

本当に、電車内で事件にならなければ良いのですが・・・

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

八百長でなく、互助会だ。

えっ! そうだったの!?
そんなの当たり前だよ。
日本相撲協会の八百長相撲に対する反応でしょう。

真剣勝負であるべきの土俵上で、勝星の遣り取りをしていた疑惑。
こうした疑惑は、これまでも幾多の告白や報道で取り上げられた。
その度に裁判に持ち込まれ、日本相撲協会が勝訴し、
同協会は多額の賠償金を手にしてきた。
それが今、そうした金が泥棒金だったとなりかねない。

白鳳に連勝記録を抜かれた昭和の大横綱にして、
現役時代から八百長の疑いをかけられ、
疑惑の連勝記録との報道もあった。

部屋が違うといっても、詮は相撲というムラ社会の中で、
どれだけ浄化された勝負が期待できようか?

勝負検査役は土俵下で何を見ていたのか!?
立会いや、勝敗の行方だけを見ていたとするなら何たる怠慢。
その勝負の真剣さを見切れない勝負検査役など、
土俵下に座を占めるカボチャに過ぎない。

なに、あれは八百長などではないのさ。
互助会
同じムラに生きる者同士、細く長く生き延びるには
ああした互助会はありがたい存在だ。
いまの協会幹部にして、我は一切星の遣り取りをしなかった
と、大手を振って言い切れる親方が何人いらっしゃるか??

それにしても、小倉某なるテレビキャスター
この時期に、野球賭博とは関係ない八百長問題が表に
出るのは訝しい、とのたまっわっているとか・・・
公益法人問題の関連で発言した模様だが、
相撲と政治は別に発言したがよかろう・・・
安っぽい正義感は仇になるぞよ。











| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

放っておけば・・・

またもや日本相撲協会が揺れている。
長年疑惑がもたれていた八百長相撲を認める
それも警察の聴取に対しての是認があったとは・・・

これを機会に、公益法人としての認可を剥奪する意見もあります。
とにかく相撲ファンの気持ちを踏みにじる軽率な行為には
厳重なペナルティが課されるべきと考えますが、ここは一つ。

一旦、日本相撲協会を野に放ってみては如何か?
己等では到底、浄化出来ない相撲協会については
まさしく裸一貫からやり直してもらわねば・・・

相撲が国技だとか、力の武士(もののふ)こそが真の力士だとか。
そういった寝言は一切抜きにして、現実を見据えよう。
まぁ、放っておいても自滅しそうな組織のこと
彼ら相撲一族の好きにさせたら・・・

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

我は干し芋?

東京では、昨年の大晦日以来続く乾燥注意報。とか・・・
元々、オヤジの肌は油気が抜けてカサカサのところ
この乾燥続きでは終末的な乾き症状を呈しています。

知人の話しでは
今年の乾燥肌は異常で、身体にアチコチが痒くてたまらん。
とのこと。

私も腕といわず、脚といわず
乾き過ぎて粉が拭いている状態で何日かが過ぎました。
喉はイガラっぽく、眼まで乾燥しているように感じます。

巷ではインフルエンザが流行の兆しとか。
そんな折り、通勤の往復ではマスクをして自衛しています。
電車内で喉がイガイガして、チョイト咳払いなどすれば、
途端に、まわりから白い目で見られます。
この潤いの無さは、大気の乾燥以上のカサカサ加減か!?

恵みの雨とは良くいったものです。
天よ、恵みたまえ、潤したまえ。


| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »