« あっ! それ無意味です。 | トップページ | その足下へ »

2010年12月12日 (日)

CCDカメラの功罪

R15t62img_1694  左の画像は、私のデシタルカメラの画像です。
  これCCDシステムのカメラ (らしい) ですが
  世にはCMOSシステムのデジタルカメラもあります。

  両者の違いは難しいので理解し兼ねます。
  要は、どちらが良い画像を手に出来るか? です。
  良い画像とは、どんな画像を指すのかは
  個々の嗜好もあって難しい問題ではありますが・・・


G40r15t62img_1694
  この左の画像は、上の画像を加工しました。
  現実に見た目に近づけた加工です。

  撮影した時間帯は初冬の夕方で
  すでに夜の直前といった暗さです。
  特に、空は左の画像より闇が深くなっていました。

  

昨今のカメラは・・・
私のカメラもそうでしたが  暗いところでも鮮明に写る
を売り文句にしている商品が多いように思います。
しかし、上の2枚のような差が出るなら如何なものでしょうか?
かなり違った印象になっています。

撮影時に露出を変えられるデジタルカメラが普及しており、加えて
写ってさえいれば画像を加工できるデジタル技術をもってすれば
写っていない画像より、写っている画像が歓迎されるのですかね?

まだまだ自分の手に馴染むまで使い込んでいないカメラなので
これから研鑚を重ね、狙い通りの画像を撮りたいものです。




|

« あっ! それ無意味です。 | トップページ | その足下へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっ! それ無意味です。 | トップページ | その足下へ »