« そりゃぁ無理だっぺ! | トップページ | 歳月(とき)の果て »

2010年11月14日 (日)

街で絶滅危惧種を見た

ショッピングセンター前の舗道
若い母親二人と、双方の連れと思われる子供三人。
母親は会話に夢中。
子らは、待つことに飽きてまわりを駆け巡っています。

クソッ! と悪態の一つも吐きたいところ
その母親の一人が、子らにひと言。
公園じゃないから遊んじゃだめ

う~~ん 何と美しい日本語であることか!
昨今の軟弱な若い親ばかり見ていると
こうした対応はタカラモノですよ。

よく見かける、親が我が子にかける言葉の多くは・・・
ねぇ ○○ちゃん これ食べない?
少しでいいから食べて
食べないの? じゃいいわよ。

私は、これを親の譲歩三段活用と呼んでいます。
相談し お願いし 譲歩する

こうした主体性に欠ける親に育てられた子供の行き先は?
それを思うと前出の母親の気高さよ。



|

« そりゃぁ無理だっぺ! | トップページ | 歳月(とき)の果て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そりゃぁ無理だっぺ! | トップページ | 歳月(とき)の果て »