« 居眠り猫 | トップページ | 路傍の花に目を向けて »

2010年10月 2日 (土)

やはり死刑は廃止すべきか・・・

大阪地方検察庁の検察官が、重要な裁判証拠を
改ざんした、とされる事件。
当時の特捜部長と副部長が逮捕されました。

これまでの報道で知る限りで、
フロッピーディスのデーターを改ざんした事実が
当時の特捜部長と副部長に報告されていた
と、既に逮捕された当事者が供述し始めているとか・・・

データー改ざんを知りながら、問題ないと判断した上司。
それが事実なら、これは由々しき事態だと思います。
改ざんが故意か過失か、それは問題ではない。

何より、これまで巨悪と対峙して一歩も退かない
と、国民の期待と信頼を得ていた検察の特捜部は
いわば我々の力強い味方だと考えていました。
ところが、その信頼感は裏切らました。

先の尖閣諸島をめぐる検察の判断もしかり。
いまや検察が目指しているところが信じられない。

裁判の場は、真実を探る場ではなく
いわゆる法律論を争う場である。
それだからこそ
かように歪んだ裁判のシナリオを描かれては
我々が安心して裁判の場に立つことは叶わない。

世に冤罪を警戒して死刑を廃止すべし
という論者が存在する。
被害者の関係者としては受け入れられない論でも
歪められた裁判の存在が疑われるとき
やはり死刑は廃止すべきなのかも知れない。





|

« 居眠り猫 | トップページ | 路傍の花に目を向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居眠り猫 | トップページ | 路傍の花に目を向けて »