« ショーウインドウ | トップページ | ピンクのハート »

2010年10月18日 (月)

壮観?

外出からの帰り、電車の中で本を読んでいて、ふと目を上げる。
そこに展開されていた光景は・・・

7人掛けのシートに座った全員が、携帯電話を操作していました。
その殆んどはゲームに夢中のようです。
ダウンロードした音楽を聴きながら、ケータイを操作している人も。

今や、人々にとってケータイは必需品。
命の次に欠かせないモノと成った感があります。

して、その使われ方といえば・・・
本来の通話機能はどれだけ使われているのでしょう?
コミュニケーション手段としての機器より、
情報末端としての使われ方が多いのではないかと推測されます。
よしんば他と意思疎通するにしても、通話よりメールが主か?

諸君!
ケータイに、否、ケータイ会社に良いようにあしらわれていないか?
そんなモノが無くたって、世の中は無くなりはしないのだよ。
もっと視野を拡げよう!
たかだか2~3インチの画面から、世界の全てを知るよすがは無い。
そう心得ましょうや。

ケータイを捨てよ! 街へ出よう!
パクリました・・・

|

« ショーウインドウ | トップページ | ピンクのハート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショーウインドウ | トップページ | ピンクのハート »