« 中国四千年の恫喝 | トップページ | 居眠り猫 »

2010年9月27日 (月)

だよねぇ・・・

いよいよタバコの値上げ実施が近付いてきました。
愛煙家諸氏にとって、吸い続けるか禁煙か!?
究極の選択を迫られています。
最期のアガキとも感じるのですが、数カートンごとの
まとめ買いをする御仁が少なくないとか・・・
そこまでして喫煙を続けるとは、余程意志が堅固なのですね。

が、しかし。
あなた方の喫煙で迷惑を被っている非喫煙者も多いのです。
彼らにとって、切実な訴えは受動喫煙による被害です。

先日、新聞の読者投稿欄に、受動喫煙被害を訴える投稿が
掲載されました。
受動喫煙症というのだそうです。
他人が吸うタバコの煙によって、目や喉に被害を受けます。

かの投稿者は、歩行喫煙を止めて欲しいと訴えていました。
特に、朝の清々しい空気の中で、煙草の煙を吸い込むときの
不快感を表現していました。
もちろん、受動喫煙から受ける被害が大きいからです。

そうそう! そうなのです!!
歩行喫煙は、子供の目の高さに炎があって危険とか・・・
灰が飛んで火事の危険があるとか・・・
色々いわれますが、結局は外の清々しい空気を乱される
それが歩行喫煙禁止の要諦なのです。

あの歩行喫煙から出される煙は、船舶の航跡に似て
数十メートルも跡をついてまとわりつきます。
歩行喫煙者の跡を歩こうものなら、帯状に広がった煙の
跡を辿らなければなりません。
歩行喫煙厳禁!!
人、皆全てが快適に暮らせる日々の訪れを夢想します。

かく云う私も禁煙から数えて24年になります。
皆さん、禁煙しましょう。
清々しい朝の目覚めが約束されます。









|

« 中国四千年の恫喝 | トップページ | 居眠り猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国四千年の恫喝 | トップページ | 居眠り猫 »