« 中庸とはいかないようで・・・ | トップページ | だよねぇ・・・ »

2010年9月26日 (日)

中国四千年の恫喝

中国の漁船が、尖閣諸島付近で
我が国の海上保安庁の巡視船に衝突した事件。

逮捕した中国漁船の船長を釈放したことで、
事態は新しい展開をみせている。
承知の通り好転したのではなく、我が国に何ら益のない
展開になっているのが嘆かわしい。

日本は黒船以来、およそ外交とは無縁は国家として
存在しているかのような錯覚を覚える。
先の、沖縄における米国海軍の移転問題にしても
自民党政権時代も、政権交代した現在も、一方的に相手に
押し切られるばかりで、外交努力の欠片すら感じられない。

それはさておき。
中国船長の逮捕に際し、中国政府のとった態度は
恫喝そのもので、外交交渉を無視した無謀極まる姿勢だ。
なぜ日本が中国に謝罪し賠償せねばならないのか?

日本の領海を犯し、衝突事件なで起しておきながら
その非を認めることなく、国内世論を扇動するような政府の見解を
公けにする態度は一国独裁国家の恐ろしさを痛感させられる
事態といわざるをえない。
案の定、中国国内は反日気運が高まり、政府と党の思う壺に
嵌っているようだ。

国内の問題をみれば、検察が被疑者を釈放した理由に
納得がいかない。
領海侵犯が証明されなかった、あるいは証明する証拠を
得られなかった。
その二つの理由であればまだしも
日本と中国の国際関係をかんがみての釈放など、
検察がとるべき釈放理由ではないのは明白だ。

我が国の司法(特に検察)が、政治や行政から
独立した存在ではないのは薄々感じてきた経緯があるが、
これ程あからさまな態度を見せ付けられると、司法のみならず
政治や行政にも疑惑の目が向けられるのは避けられない。

これらは、全て外圧に弱腰な日本の外交の歴史を引きずった
情けない結末に他ならない。
日本国民は、中国の横暴を許してはならない
同時に、日本政府の軟弱な外交姿勢をも指弾しなければならない。


|

« 中庸とはいかないようで・・・ | トップページ | だよねぇ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中庸とはいかないようで・・・ | トップページ | だよねぇ・・・ »