« 残暑が厳しいザンショ!? | トップページ | ひと雨ほしいねぇ・・・ »

2010年8月23日 (月)

もう止めてくれっ!!

大阪で、3歳と1歳の姉弟がミイラ化して発見され
その母親が死体遺棄の疑いで逮捕された。

我が子を見放した母親は 
やりたいこと やらなきゃいけないこと いっぱいあるねんもん
と、自らのWEBサイトで公言していた、とか。

幼い子供の母親として、
我が子の心身共に健全な発育願う

この以外に やらなきゃいけないこと などあるものかっ!!
この馬鹿たれっ!!

このような未熟な人間が起す悲惨な事件は
むしろ、この数年増加の一途を辿っているようにみえる。
訳もわからぬ子供等は、
最期まで母親を慕い、信じていたのだろうなぁ・・・

と、同時に。
報道では、この母親の生い立ちを追い
生まれ育った環境やら、母親になった以降の人間関係など
根掘り葉掘り報じているが、これも意味ある行為だろうか?

世の中、万人が幸福な生い立ちを背負っているとは限らない。
成人した後でも、順風満帆な人生など保障されてはいない。
なのに、あたかも犯罪の背景に、生い立ちやら社会環境やらが
関与していたかのような物言いをする大マスメディアの論旨は
まさに噴飯ものだ。

大マスメディアの論旨を是とするならば
世間には悪人ばかりが蔓延る始末になる。
貧しい者、虐げられた者、恵まれなかった者達が
等しく罪を犯すならば、この世は犯罪者の温床ではないか!?

人は皆 どこかで踏みとどまるものだ。
だからこそ社会の秩序が保たれる。
踏みとどまれなかった者達を容認するかのように
誤解させる論旨は 盗人に追い銭 の展開だろう。

|

« 残暑が厳しいザンショ!? | トップページ | ひと雨ほしいねぇ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑が厳しいザンショ!? | トップページ | ひと雨ほしいねぇ・・・ »