« 異常な暑さというけれど | トップページ | 世間は夏休み・・・ »

2010年8月 7日 (土)

怪しゅうて やがて哀しい・・・

全国で、生存していれば百歳を超える人々の
所在がわからないといいます。
それらの人々は天涯孤独ではなく
その家族が存命し、所在もわかっている場合もあります。

自治体が生存の確認を行わずに、年金などの支払いを
続けているケースも存在するのだとか・・・

家族は、どんな思いで、あるいは狙いで数十年も親などの
所在を不問に付したのか?
自治体の対応は?
疑って掛かれば次々に疑問が湧きます。

それよりも何よりも
忘れ去られた存在の高齢者の思いが・・・

|

« 異常な暑さというけれど | トップページ | 世間は夏休み・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 異常な暑さというけれど | トップページ | 世間は夏休み・・・ »