« 蹴球はいいなぁ・・・ | トップページ | ピチピチ »

2010年6月29日 (火)

疑惑の拡大

日本相撲協会の野球賭博問題は
ある意味で予想通りの深みを見せています。
かなりの人数に及ぶ常習者が処分されようとしていますが
これが問題の全てなのかどうか?

疑い始めたらキリがありません。
果たして、この団体で行われてきた賭博行為や
暴力団との繋がりは、もっと根が深いのではないか。

昔から疑われてきた、八百長相撲の実態はどうなのか?
組織ぐるみといっても過言では無いような倫理感の欠如は
他にも様々な問題を抱えているのではないか。

仲間内での経営といった閉鎖性が呼び起こす諸問題を
いま明確にしなければ、この団体の蘇生は有り得ない
と考えるのは杞憂に過ぎないのでしょうか?

国技を標榜するのであれば、徹底的な問題究明と
新しい組織づくりが欠かせません。
それにしても、今回の処分者の中に外国人力士の名前が
無いのは、単なる偶然でしょうか?

|

« 蹴球はいいなぁ・・・ | トップページ | ピチピチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蹴球はいいなぁ・・・ | トップページ | ピチピチ »