« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

これはどうだ

これはどうだ
テレビCMで、アイスクリームに梅酒を掛けていましたが…
醤油とは如何なものか?
冗談ではなく、本当に商品として存在しています。
通常の醤油とは違う味なのでしょうが
使ってみようとは思いません。
アイスクリームにも色々な味が有るので
その辺りに需要が生まれるですかね?

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

目クソ鼻クソを笑う

米軍普天間飛行場の移設問題。
民主党政権は、結局、既成路線で決着を図ろうとする。
それに対し、野党第一党が批判を強めている。
が、しかし…
その路線を敷いたのは誰だったか? よく思い出そう。
まあしかし、日本は黒船以来、外交が無い国だねえ…

| | コメント (2)

2010年5月24日 (月)

雨の日曜日

あっ! もう曜日が変わってしまいました。
西日本から天候が崩れているようです。
低気圧と称していますが、或いは台風に近い影響がありそうです。

毎度申し上げるのですが、なぜ夏から秋の季節に訪れる低気圧
のみを台風と呼んで警戒を促すのでしょうね?
冬季、北国では強い低気圧の嵐に襲われ、大きな被害が出ます。

恐らく、それぞれの季節で大きな影響を及ぼす低気圧は
数え切れないと思えます。
それならば、正確な気象情報を伝える新しい気象用語を作って
当該地域への警告を促す必要を感じます。
何か相応しい命名は無いものでしょうか?

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

当分は携帯発信

パソコンが起動時に可笑しな挙動をするようになって久しい。
修理に出すにしても、直る直らないに関わらず、見積の費用が
かかるという。
もし、直らないと判断されたら、その費用が無駄になるのです。
おいそれとは見積すら出せませんね。

てな訳で、当分は携帯電話からの記事発信に徹します。

Rg15t42img_0610

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

今度はどうと読む?

国民的柔道選手が参議院選挙に立候補するとか。
これまで結婚で姓が変わったとき
或いは出産を控えたときに
「〇〇でも金」と発言して来ました。
五輪での金メダルを目指す決意を述べたものです。
今回の立候補に際し、週刊誌に関連記事が載っていましたが
その見出しに有った「センセイでも金」はどう読むか?
カネと読んだら失礼千万でしょうね。

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

打破

打破
眠気を打破するという。
所詮は清涼飲料水と、効果を疑問視していました。
試供品として貰ったものが有ったので飲むと
それなりの効果が有るようです。
眠い時は睡眠が一番などといっては
元も子も無くなります。
それが叶わぬ方には役立ちましょう。

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

垣間見る

垣間見る
東京・亀戸天神に出掛けた折り
東京スカイツリーを見ることが出来ました。
これだけ突出していると
垣間見る、とは言い難いものがあります。
初めて肉眼で見た新名所
まだ煙突のお化けと見えなくはありません。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

ツバメ通信 その壱

住まいの最寄り駅前で
今年もツバメが巣作りを始めました。
まだまだ建設工事途中で、土が乾いていません。

今年は、この巣から何羽の若鳥が巣立つのでしょうか・・・

G15t64img_0585

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

連休の功罪

パソコン起動時の警告音におびえながら
なんとか投稿しています。

世は大型連休後半で、帰省の帰り客で
各方面の交通機関は満員・渋滞の様相ですね。
ワタクシといえば、連休も関係なく仕事をしておりまして
むしろ空いた通勤電車の恩恵を与っています。

中でも、日頃の通勤電車では開けない単行本を読めるのが
望外の幸せです。
通常、文庫本は功成り名を遂げた名作が納められます。
したがって、文庫本で読める作品は旧作が多く
新しい作品を読むには単行本に頼らざるを得ません。

そんな事情から、連休中の空いた電車内は
単行本を心置きなく開ける絶好の機会なのです。
人並みに休めないこだわりはありますが
考えようではおかげさまもありの連休です。

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

いつまで投稿可能か?

使っているパソコンが遂に終焉を迎えそうです。
起動時に警告音がするのですが、理由が判明しません。
それで起動するのを極力少なくしています。
急ぎ画像データなどをバックアップしています。
15t48img_0573_2

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »