« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

ケータイで三態

長らく
携帯電話を換えるか
デジタルカメラを新規購入するか、を悩んだ結果
晴れてデジタルカメラを購入しましたが

ケータイ画像も捨てがたく
特に その機動性はデジタルカメラが競う範囲にはありません

道を歩いていて ふと目に付いた花・・・
G15t48hi370867

様々な様相が見られます
G15t48hi370864

さぁ あなたは三様の咲き加減の どこが気に入られましたか?

G15t48hi370868

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

その後の桜

開花から満開に・・・
桜の名所ばかりか、
こんな住宅地で見かける桜にも 心が和みますね。

C15t72img_0070_2

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

サイタ サイタ ・・・

東京の桜が開花した、と
その宣言の拠りどころとなる靖国神社で成されました。
例年より早いようですね。

が、しかし。
官製の宣言をよそに、巷のあちらこちらでは
桜の開花を愉しんでいるものです。

来週の日曜日は、あちこちで花見でしょうね。

Gs15t48img_0063

| | コメント (0)

ぶらぶらと

先日購入したものの
手付かずのままだったデジタルカメラを持って
お馴染みの古刹をブラつきました。

境内には露店が出ており
その中の古道具屋で目にとまったのがこの人形。
特に曰くがあるとは思えない古道具ですが
何か語りかけているような・・・

C15t72img_0041_2

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

買ってはみたものの

買ってはみたものの
未だ箱の中…

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

ご近所・ふしぎ発見

ヒトシ君人形もビックリッ!?
それほど大袈裟な話しではありません。

9日夜から降り始めた雪か、10日朝には解け始めました。
そんな中で見かけた珍しい光景がこれ・・・

普通、車のフロントガラスに積もった雪が解けるとき
ズルズル下に解けますが、何を間違えたかこの有り様。

ホンモノの雪ですから・・・

15t72hi370839

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

ガクッ!!

落し物をしました。
職場の建物に関わる鍵を収納した鍵箱の鍵です。
広い世の中、あの鍵が何処の鍵かを嗅ぎつけるか (シャレみたい)
確立は零に等しいものの・・・
やはり己が不甲斐無さに落ち込みます。

事故は一つの要因では起こり難い。
今回も、平常の要素とは違った2~3の要素が重なっての事故です。
思い返せば、いつ・どこで無くしたかが明確に説明できるだけに
見付らない事実に狼狽し、悔しさがこみ上げます。

拾った人間には一文の価値が無くても
無くした本人には幾千万もの意味があるものです。
出て来ないかなぁ・・・

Gs15t48hi0811

表題と掲載画像には何ら関係はありません

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

耳に心地よい日本語

日本語の乱れ を憂うと 色々な反論があります

言葉は変化する といった趣旨の意見
確かに 私は日本人でありながら古典を読み下せません
現代の言葉に古語古典の面影を探すのは困難です
しかし これを 乱れと同列に論じてよいものか

例えば若者言葉は後世に連綿と語り継がれるものか
流行語は正に一過性のものです
これらに 一々不平不満を投げかけても心寂しくなるばかり

正しい日本語などない という意見もあります
標準語や東京言葉が正しいのか という疑問
これには納得できます
生活の中で使われる いわゆる方言からみれば
標準語など実の無い言葉 と捉えられるは必定

ならば 耳に心地よい日本語 を聞きたい願いはどうか
アクセントを平坦にしたり 語尾を上げる 昨今の習わし
こうした発音は到底慣れることは出来ません
驚くのはNHKのアナウンサーが こうした発音をすることで
もう日常茶飯事になって驚くに値しません

先日 驚愕した発音に出くわしました
そのアナウンサーは  ビノツボ と言葉を発したのです
平坦にして 語尾に行くにしたがって上がり気味の発音です
番組名だから理解できましたが 単独で聞くと意味不明
タネを明かせば 美の壺 です

正しい発音で日本語を話して欲しいという
切なる願いは時代錯誤なのでしょうか






| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

水温む

まだまだ 温むには遠いものの
ふと触れた水に
一時の刺す感覚が薄れているのに気付く

今年も早や桃の節句
週間天気予報に雨マークが目立つ
菜種梅雨には早いと思いながら
あっという間に春の彼岸がやって来よう

温んでいるのは己が心根?
明けてふた月 何を成したか・・・

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »