« こむら返り ツツッ! | トップページ | 驕る平家のたとえあり? »

2010年1月 9日 (土)

これも暖房衣料か・・・

この冬、寒さが本格化 しようとする矢先、しつこい咳に
悩まされました。この咳、今始まったことではなく、
もう2~30年も続く、いわば私的な風物詩。
漸く今年になって思い至ったのがアレルギー性か
という推測は過日この欄に書きました。

そうとなれば別段病原菌を吐き飛ばしている訳でもなく
心から咳をしたいのですが、しかし・・・
世間の反応は、挙って新型インフルエンザの保菌者を見る目。
さすがの私も耐えかねてマスクを着用するに及びました。

このマスク、防疫の面からは甚だ頼りないシロモノのようですね。
それはさておき
一度付け始めると、なかなか外し難いものです。
乾燥しきった大気も、適度な湿気を帯びて喉を通過します。
それに兎に角、暖かい!?
コレ、厳寒に着用する股引にも匹敵するか?

マスクの有効性は思ったより低いといわれますが、保温性と
保湿性を考えれば、流行性感冒を防御する期待度を遥かに
凌駕する有効性があるかも知れません。

|

« こむら返り ツツッ! | トップページ | 驕る平家のたとえあり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こむら返り ツツッ! | トップページ | 驕る平家のたとえあり? »