« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

家庭内パンデミック?

青天の霹靂というのは、あんな瞬間をいうのでしょうか?
28日夕方、家族の一人から新型インフルエンザを発症した
と、メールで連絡がありました。

仕事の場では、どこぞで感染者が出た話は耳にしていました。
それがまさか我が家で起ころうとは・・・
迂闊といえば迂闊ですが、一時の騒動が醒めて油断が
あったかも知れませんね。

我が家では以前から、外から帰ったらウガイ手洗い
日常の習慣として根付いていました。
新型インフルエンザ対策として、この二つは有効な防御手段と
聞いていたのですが・・・

症状は、本人が徒歩で近所の内科医院に出掛けたくらいで
重症のうちには入らないのではと感じました。
それでも家庭内療養であれば、感染者一人が個室に居れば
それで事足りるのか?
使った共通の食器などは消毒する必要があるか?
家族の外出はどうすべきか?
などなど、感染を拡げない対策が思いつきません。

結局、病院に行く直前が一番辛かったらしく。
投薬のお蔭か熱は順調に下がり、食欲も出てきました。
昨日の30日など、これが新型インフルエンザの感染者か?
と疑いたくなるほどの食欲を示していました。
むしろ通常の風邪に罹った時のように、市販薬を飲み
中途半端な療養をするより、初めから医者掛かりで
完全療養した方が快復か早かったというオチがつきました。

まだ完全に快復したわけではなく、外出も控えなければならない
のですが、まずは軽い騒動で済みそうなのは不幸中の幸いです。
ひとつには、年末だったことも助かりました。
殆んど休みに入っていましたし、家族が周囲に迷惑を掛ける
のも最小限でしたしね。
で、今回の教訓として何か残ったかといえば、あまり普通過ぎて
学んだことがなかったような・・・
果たして、これでいいのか??







| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

政治は変わったか?

政権交代から100日が過ぎたそうだ。
その間、政治に変化は見られただろうか?

正直、100日で政治の変化を判断するのは拙速だと思う。
漸く予算案の概要が固まったところで、
この先の執行を見届けなければならないでしょうからね。

まあしかし、表向きは変わったように見えました。
過日注目を浴びた事業仕分けがそれです。
ただ、冷静に眺めていると どこかでみたような光景 でした。
そう! あのテレビ番組 朝まで生テレビ です。

口数が多い者が正義で 反論できない者は悪
民主党は公開したことを声を大きくして叫んでいたけれど
問題は公開か非公開かにあるのではなく、
どう問題の本質に迫って議論されたかではなかろうか。

判断基準はまず中止削減ありき
選挙公約を金科玉条のごとく振りかざし
そこ退けそこ退けマニュフェストが通る
とばかりの断じ方には、鳩山首相が掲げた
コンクリートより人を重視する方針にも背いている。

だいたいコンクリートは人のために有るのでして
中には人のためになるコンクリートだって有るはずです。
それを一派一絡げで扱うのは如何なものか?

挙句、財源不足からガソリン税を現行のままにした点には
国民の声を聞いた、といったような言い訳・言い逃れを
恥も外聞もなく公言していました。

自分たちへの表集めで選挙公約を発表し
自分たちの都合で選挙公約を引っ込める
これ かつての自民党政権と同じ政治手法

国会運営に関しても、野党からの申し出を一蹴し
政府与党に都合よい国会運営を図る。

おまけに、秘書がやったことで存じません
などという言い逃れを聞かされるとは・・・

やっぱりナンにも変わってないじゃないの!?

あと何日持つかなぁ・・・鳩山政権





| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

新年欠礼

この数年、どうするべきか悩んでいた問題に結論。
まぁ、このブログをご覧の方々にはいらっしゃらないであろうが
来年の賀状は欠礼させていただきます。

結論、その壱。
多忙につき用意叶わず。

結論、その弐.
手書き叶わず。

問題は後者にござる。
(時代小説癖を引き継いでおります)
なぜに毎年、諸方にて手書きの年賀賞が唯一無二などと
喧伝なされるか?
今年の年賀状発売の日、発売キャラクターに曰く
手書き年賀状は嬉しい といった趣旨の発言がありました。

しかし、待たれよ!
新玉を寿ぎ、賀詞を文書にて交換すると考える人々の中には
わたくしのように悪筆により、自筆賀状の差出を苦痛の想う
人々少なからずや・・・

賀状の本質は、それを出さんとする心根が尊いのではないか?
自筆印刷を問わず、その行為を以って新年の礼とするのでは?
ならば、自筆云々・・・の詮索に終止符を打ちたいものです。

それ故、新年から賀状の交換には参加せしめず。
と、これは我田引水ながら、年賀状とは確たる決別宣言にござる。

各々方、欠礼にご理解有るべし。



| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

言葉遣いが怪しい・・・

NHKのアナウンサーや記者の事ではありません。
このところ自分の言葉遣いが気になっています。

時々、心もとなく怪しげな古い言葉遣いが口をつくのでござる
ほらね!

原因ははっきりしています。
この数年読み続けている時代小説に感化されてのことです。
何気ない会話の端々、時代小説に出てくる武家言葉や町家言葉に
影響を受けているのござるよ。

時代の影響か、世間での言葉遣いをけん責していますが
とても他人の言葉遣いをあげつらえられない有り様です。
ちと気をつけねば。

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

ぶるぶる

前回、暖かい寝床の話題を持ち出しましたが
今回は寒気の到来で寒いという話題です。

思えば昨年は暖冬だったような。
この程度の寒さが例年の気候なのではないでしょうかね。

凡人は暑さ寒さに一喜一憂しますが
季節で商売している方々のとって
その季節本来の気候は願ってもないこと。

政府の景気対策が頼りないとくれば
自然の力で潤う業界があっても良いにのかな? と思います。

そんなこんなで
今日は手袋とマフラーで寒さ対策を施して出かけますか。

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

ぬくぬく

この時機
自分の体温で温められた寝床から抜け出すには
大きな決断を必要とします。
ついつい一分延ばしになります。

暖房機にタイマーを仕掛け
起きたときに部屋を温めるのは可能ですが
それとは別次元の至福が寝床の中にあります。

目覚ましの時間設定は
   まぁ目を覚ましておきな・・・
   いま起きると朝の支度が楽だぞ・・・
   そろそろ起きたら・・・
   少し遅れ気味だぞ!
   おいっ!起きろ!!

などと複数を設定していますが
どうしても4つ目以降になり勝ちです。

珍しく今朝は2番目で起きて
この欄を更新しています

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

11年ぶりに復活

東京・表参道のイルミネーションを見に出掛けました。
交通渋滞などを理由に中止されてから久々の復活です。
華やかなショーウインドーとあいまって、ファッションの
中心らしい光景でした。

60g15t64hi678

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »