« ねこまんま | トップページ | 高温多湿 »

2009年6月23日 (火)

篤姫再び

昨年、NHKの大河ドラマで注目を浴びた
篤姫の原作本を読みました。

何を今更の感はありますが、これがなかなか
ドラマ放映中は気恥ずかしくて読めないものです。

歴史小説とドラマとの類似点と相違点は?
と、読むのは愉しいものでした。

歴史小説は、限りなく史実に忠実あらんとし。
一方、脚本は史実を踏まえつつ視聴率を稼がにゃならぬ。
ただ双方とも闇雲に物語りを紡ぐのではなく、主人公や
そのまわりの人々の心の葛藤まで描かなければならず、
その苦労たるや凡人には想像できかねます。

現実には、脚本は原作から逸脱している部分が多々あります。
その違いを読み、見比べるのも愉しみの一つかも知れません。

時代小説は面白いのですが、こうした歴史小説を読み比べる
愉しみを発見できそうです。

|

« ねこまんま | トップページ | 高温多湿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねこまんま | トップページ | 高温多湿 »