« 5月の薔薇 | トップページ | おススメ »

2009年5月17日 (日)

盥回しと 使い回し

政権党と野党第一党の党首選びにおける傾向と対策?
どちらが盥回しで、いずこが使い回しかなんて
いまさら説明の必要はないでしょう。

今回、小沢代表の辞任によって行われた民主党の
代表選挙では、立候補した2名の候補者とも
党代表の経験者でした。

この党の代表選挙を見ていると、結党当時の重鎮と
若手・中堅との対立構図が浮かび上がってきます。
その底には、小沢前代表の隠然たる存在があるようです。

果たして、今回の代表選挙を見た国民は、そこに新しい
民主党を見出すことが出来たのでしょうか?

鳩山新代表は、官僚政治を打ち破り、政治の主導を
政治家に取り戻そうと考えているようです。
しかし、求められているのは己の議席確保に奔走し、
または、井戸の中での権力闘争に明け暮れる
古い政治家との決別なのではないでしょうか?

次の選挙を考えたとき、投票する受け皿が見当たらない。

|

« 5月の薔薇 | トップページ | おススメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月の薔薇 | トップページ | おススメ »