« ヤな女、二態。 | トップページ | 三寒四温 »

2009年3月16日 (月)

ドン・ガバチョではない

ソマリア海域への自衛隊派遣には賛否両論があります。
私の意見は、派兵やむなし。

私自身は、決して好戦的ではありません。
出来うるならば、自衛隊の海外派遣は避けるべきだ。
それが、自衛隊が存在しえる唯一の理由だからです。

しかし、輸出入に国民生活の大半を委ねている日本で、
果たして何の手立てもなく、日本国民の安寧な日常生活が
確保されるのかは、日本政府のみが知るところなのか??
国会の与野党ならず、我々国民がそれぞれ考える必要が
あると考えます。

海賊というが、それはテーマパークで見るような
カリブの海賊ではありえないのは明白。
重火器を装備し、船舶を襲い、乗組員を人質にとって
身代金を要求する。

凶悪な武装集団や、海賊対策に奔走する諸外国に対して
日本は憲法第9条で戦力を持たない、とか
海外派兵は不可能などという教条が有効か!?

そうした危険海域に自衛隊を派遣して
その生命の危険にさらすのは如何なものか??
警備行動なら海上保安庁を派遣すべき
などという意見には笑止千万。

海上保安庁が海外で活動する法案など
我が国に存在し得るのか?
海上保安庁の職員ならば、いかなる危険に遭遇しても
構わないという論理なのか?

大きな帆にドクロを染め抜いた、大航海時代の
ノスタルジックな海賊ではないのだ。
我が国民の日常生活に大きな影響を与えそうな
重犯罪行為に、手をこまねいている訳にはいかない。

平和憲法は護り通さねばならぬ
しかし、国是を優先して国民の日常生活が困窮しては、
かの戦時中に逆戻りしたいはしないか?

海外侵略と、国民生活の保持は区別して
考えねば成り立たないと考えるが如何に。

この度派遣された自衛隊員と、今後交代要員として
派遣される諸氏の安全を祈ります。
家族を見送る人々の涙が、嬉しい涙にかわりますよう。

|

« ヤな女、二態。 | トップページ | 三寒四温 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤな女、二態。 | トップページ | 三寒四温 »