« それでね | トップページ | いつの間にか »

2009年1月23日 (金)

偏向

私の読書傾向のことです。
以前から、一人の作家に入れ込む傾向があります。
ここ数年、凝っているのは時代小説の世界です。

池波正太郎に始まり、藤沢周平から平岩弓枝に至り、
変わった存在では宮部みゆきに行き当たります。
藤沢周平作品を除く三人の作家が綴る時代小説に         似通っているのは捕り物が中心に据えられていることです。

そして、今、捕り物を中心とした作品で偏向しそうなのが
一風変わった捕り物譚である
橋廻り同心・平七郎控
作者は 藤原緋沙子

この物語の主人公である立花平七郎が活躍した時代には、
幕府が江戸府内に掛けた橋の数は125とされており、
これらの橋全てを見廻るのが主人公の責務です。
れっきとした北町奉行所の同心でありながら、橋の管理や
橋に纏わる様々な出来事を管理するのが仕事です。

同心の印である十手を小槌に持ち替え、橋板や欄かんを
コンコン叩く仕事は、定町廻同心からは閑職と蔑まれます。
それでも、嘗ては腕利きの定町廻であった主人公が、
管理する橋に纏わる事柄を解決するのが筋となっています。

橋は構築物としてばかりでなく、人と人の心に掛けられる
大切な存在でもあります。
そうした橋に纏わる事件や人生模様を描いた本シリーズ。

偏向しそうではなく、もう既に偏向しています。





 

|

« それでね | トップページ | いつの間にか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでね | トップページ | いつの間にか »