« 冬至南瓜 | トップページ | バチッ!と来ない!? »

2008年12月23日 (火)

驕る平家?

国の内外を問わず、超大企業の業務縮小と
それに伴う雇用打ち切りの深刻さ。
昭和30年代の高度経済成長期以降、これほど
年が越せないといった叫びが切実な記憶がない。

改めて、非正規雇用労働者の多さに驚く。
政府や自治体の援助策も万全ではない。

嘗ての我が国の金融機関や、米国の自動車企業の
ように、国家補償されるのと大きな格差を感じてしまう。

ついこの間まで、市場最長の好景気などと浮かれていた
それがウソだったことが実証されたようなものだ。

一日も早い救済と、景気回復策の実行を願う。

|

« 冬至南瓜 | トップページ | バチッ!と来ない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬至南瓜 | トップページ | バチッ!と来ない!? »