« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

早い!早い!!

もう大晦日!?
60歳代半ばを過ぎると、一年が経つのは
もっと早く感じられるそうです。
そんなに急いで行くところなど無いのに・・・・・

まさに、老い易は少年だけではありません。
また、成り難し は学ばかりでもありませんでした。

さて、明日の元旦には
どんな一年の計をたてますか

今年、ここを訪れてくださった方々に
心から御礼申し上げます。
来年も懲りずにお付き合いくだされば
望外の喜びでございます。

よい お年を!!

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

ねじれ国会

衆議院では与党が、参議院では野党が過半数を占める
今の国会勢力を称しての表現であるのは承知の事実。

が、しかし。
真のねじれはどこにあるのか?

自民党の中の隠れ民主党
民主党の中の隠れ自民党
これこそが、本当のねじれではないのですかね?

もう遥か以前から、政治家が国家を論ぜず
己が議席の確保に血眼になっている現実があります。
だからこそ、同床異夢の与党第一党や、野党第一党が
存在しえるのです。
これ、正に国民の悲劇

己が議席を死守するためには、その政治理念など何処吹く風。
こんなねじれた性根しか持たない国民の代表      を抱く日々とは一日も早くおさらばしたいものです。
が・・・

選ぶ側にも、現世利益を猛追する国民が居る以上
いつまで、いわゆる55年体制の残滓を引きずった政党や
国会議員と付き合わなければならないのでしょうかね。

今年の漢字は、に決まったyとうです。
昨年の漢字でした。
果たして、今年、偽から変化が表れ 真が生まれた
のでしょうか???

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

一段落

今日の未明と早朝の二回に分けて
年賀状を投函しました

昨年は年賀状など年が明けてから書くものだ
などとうそぶいていましたが
やはり元旦に届く年賀状は嬉しいものです

そこで一年発起へはありませんが
徹夜で仕上げたものです

まだ仕事はありますが
これで一年納めということで

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

お正月??

今日が仕事納めの企業が少なくないようです。
暦のお蔭で、長期休暇に成り易いのですね。
しかし、長い休みを喜んでいられない人達も居ます。

まだ27日ということもあるのでしょうか、
街を歩いても正月飾りが目立ちません。
世間の趨勢か、それとも不況の影響か。
不況の年は、初詣などの神頼みが増えるといいます。
さしずめ、来る新年は神社仏閣への人手が増えますかね。

一家を構えて、子供達が成長すると、ジジババの元へ
詣でる機会もめっきり減ります。
子供達にしてみれば、お年玉を貰えないから
そんな理由もあるのでしょうか?
むしろ、自分達の生活を優先するのが健全な若人か?

親父達にしろ、正月だからといって昼日中から大酒を
飲んでいられる環境でもなくなっているようです。
こちらは、経済的な理由より健康面の問題でしょうがね。
フンッ!! メタボがなんじゃいっ!!
正月くらい気分良く飲ませろやいっ!!

おやおや、とんだボヤキになってしまった。
週明けも仕事でガンバリますよ!!
トホホ・・・

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

クリスマスの約束♪

クリスマスの夜
この番組が始まったのは何何年前のことか?

おだ むど・・・むど・・・nnnnnn
おだ ゆう・・・ゆう・・・nnnnnn

おだ かずまさ・・・mmmmm
小田和正がクリスマスの夜に送るコンサート

どんな番組も 始まりは質素だったかもしれない
が 年々華やかさが増したコンサート
と いうより番組か

まぁ 相変わらす若いねぇ
小田サン♪

一夜遅れで VTRを観る

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

スカ

世はクリスマスの朝、通勤電車が2割近く空いていた。
お父さんたちがトナカイのソリで出掛けるのならイブのハズ。
これは学期末、年度末と重なっての現象と考えられます。

早い企業では、明日26日が仕事納めが少なくないでしょう。
あくまでも暦の関係ですが、この時期、休みが長いのは
果たして喜ばしいのかどうか・・・・・

投機筋による、実態のない経済活動。
昨年に続き、偽が絶えない社会。
己が保身しか考えない政治屋。
あれやこれや・・・・・

一体、何時から、こんなスカスカの社会になったものか!?
我々庶民は、もうこれ以上のスカは引きたくありません!!

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

バチッ!と来ない!?

冬の乾燥期、毎年悩まされるのは・・・まず、手荒れ。
これは既にご報告の通り、ハンドクリームの効用で
この時期でも瑞々しい手(ホントか!?)を保っています。

もう一つの悩みといえば、ナンといっても痛い瞬間。
そう!静電気が走る瞬間です。
金属部分に触る瞬間は当然で、人に物を手渡す瞬間にも
バチッ!と火花が飛びます。
そらはまさに、ETどころか イテエッ!といったところ。

が、しかし。
このシーズンは未だに静電気禍に襲われていません。
なぜなのか、理由を考えても答が出てきません。
思い当たるところは、やはりハンドクリームかな!?
適度にシットリした手肌が、静電気が伝わるのを制御しているか?

日々、確実に静電気は起こっているのですよ。
洋服の脱ぎ着をすれば、それは明白。
フワッと、静電気が起こった時の、あの深いな空気感が漂います。
それなのに、バチッと来ない理由など考え付きません。
ここはやはり、ハンドクリームの効用なのでしょうかね。

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

驕る平家?

国の内外を問わず、超大企業の業務縮小と
それに伴う雇用打ち切りの深刻さ。
昭和30年代の高度経済成長期以降、これほど
年が越せないといった叫びが切実な記憶がない。

改めて、非正規雇用労働者の多さに驚く。
政府や自治体の援助策も万全ではない。

嘗ての我が国の金融機関や、米国の自動車企業の
ように、国家補償されるのと大きな格差を感じてしまう。

ついこの間まで、市場最長の好景気などと浮かれていた
それがウソだったことが実証されたようなものだ。

一日も早い救済と、景気回復策の実行を願う。

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

冬至南瓜

冬至南瓜
南瓜と小豆を一緒に煮ないで
絡めながら食べるようにしました
小豆は甘さひかえめなので
酒の肴にもなります

| | コメント (0)

本日は冬至

ご存知、一年で一番昼間が短い日とされています。
が、しかし。
日没が一番早いとは思えません。
このところ、日が延びたとは思いませんか?
夏至は、日没が一番遅いとは限らないそうです。

冬至、日本人、風習。
とくれば、ゆず湯冬至かぼちゃが定番です。

不思議なもので、古来から言い伝えられている事柄には
科学的に解明できる身体に良いことが多いようです。
冬至かぼちゃや、ゆず湯も然りのようです。

寒くなり始めた頃、しもやけ予防に初雪を溶かして沸かし
足を浸ければしもやけにならない。
と、いわれて実践しました。
アレ効いたかな???

明日からは、日が延びるのでしょうか????
世界経済が冷え込んでいる時、陽射しだけは暖かいのを
期待しています。

| | コメント (2)

2008年12月17日 (水)

正月気分

正月気分
時代小説に登場する門前町を訪れた。
ここの商店街には、早くも繭玉が飾られている。
なるほど、お大師様とキリストさんは相容れぬか…

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

不況 年の瀬

師走などといった実感が湧かぬうち
気が付けば12月の半分が過ぎてしまいました

毎年この時期になると
一年が早く過ぎて行く・・・・・だの
年末年始の準備が進んでいない・・・・・だの
懲りもせず同じ台詞を吐くワケです

年末ジャンボ宝くじを買わずに暮れるのも恒例
今年の年末ジャンボを買わなかった言い訳は
あの裁判員候補に選ばれた通知が来なかったから
とことんクジ運が無いと諦めました

この不況のもと
お節料理の売上は如何なものなのですかね
相変わらず高価なセットから売れているのでしょうか
クリスマスには高価なレストランが賑わうのでしょうか

年の瀬に雇用不安が拡がっています
政府も対応を考えているようですが
不安を抱いたまま年を越す非正規労働者の心中
察するに余りあります

これまた毎年懲りない同じ台詞ですが
言わずには居られない
来年が良い年でありますように!!

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

円高 ガス安

世界中の経済が破綻寸前だ

円高にしろ
喜んでばかりいられない企業もある

反面
ガソリン価格が下がり続けている
ところによっては97円/リットル とか

近所のガソリンスタンドを覗くと
115円/リットル から110円/リットル になっていたが
遂に106円/リットル
プリペイドカードなり、その店独自のサービスを利用すると
さらに3~4円/リットル 安くなる

もちろんスタンド経営は難しい局面に至っているだろう
安くて嬉しいが
どこか心にひっかかりも感じる

自動車工業会は、軒並み経営に赤信号とか。

栄枯盛衰というには切実過ぎる現実を突きつけられている

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

花 空 風 そして庭

花はよい

そよぐ風
頼りなげに 身を震わせる小さな花々
何するものぞと どっしり構える大きな花々

空はどこまでも澄みわたり
花と 風を受けとめている庭

ドラマ 風のガーデン がよい
オープニングタイトルを見ていると
そのタイトルバックに使われている映像に魅せられる

番組が始まる前 駅貼りのポスターで見た
緒方拳さんの柔和な笑顔が印象的だった
このドラマ 観てみようかな
そんな思いに駆られたのも束の間・・・

緒方拳
その読み方はオガタ コブシだったとか
ゲンコツではないコブシ
きっと そうした人柄だったのでしょう

主題歌 ノクターン が印象的

死者は還らず また逝きもせず 思う人の心に宿る

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

自己納得症候群?

今日の昼食は・・・うん、とても良かった。
久々に・・・うん 美味くて安い店が
・・・うん 見付かったからね。

自己納得症候群 なる病はありません。
たった今、上の様な言葉遣いに対して、私が処方しました。

一方で、やたら語尾のアクセントを上げ、
疑問形かのように聞かせる話法が定着しています。
  (私は、この風潮に嫌悪を覚えます)

なのに、自分の発言に納得する心理とは如何なるもか?

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

内閣支持率

発足2ヶ月余りの麻生内閣
支持率が20パーセントほどとか

コレ 不況にあえぐ国民の支持率?
それとも 選挙を睨んだ永田町での支持率?

そっか!
国会議員は 民意の代表だったっけ!?

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

凄く 凄い

凄く 驚いた!  凄い 驚いた!
凄く 大きい!  凄い 大きい!

さて、凄くと凄い。
どちらの用法が正しいのでしょうか?

凄い 人出だ! 
凄い 反響だ!
この用法は正しいと思います。

最近、凄く というべきところを
凄い という人が多い凄く多いようです。
NHKのニュースなどで、インタビューに被せて
スーパーインポーズを入れるケースが多くなっています。
そこでも発言者の凄い をそのまま文字で表現しています。
他の用法、例えばら抜き言葉などは、スーパーインポーズでは
きちんと を入れて訂正しています。

私の覚え違いなのかなぁ・・・・・

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

罪と刑罰

死刑廃止論があります。
出来うるなら、極刑が必要ない社会であって欲しい。
しかし、相次いで凶悪犯罪が明らかになると、
極刑も仕方ないと久しく感じます。

死刑廃止を論ずる人々の主張には。
ひとつに、国家といえども人の命を奪う権利はない。
といった論理があるようです。

国家が行う最も大きな殺人は戦争です。
戦争にも、死刑にも反対したいものです。
・・・・・・・が?

もう一つ、死刑廃止論者の考え方に、
冤罪が起こりうる可能性をあげる人がいます。
冤罪によって、不当に命を奪われる悲劇を無くさなければ??

しかし、この論理は主客転倒ではありませんか?
根絶すべきは死刑でなく、冤罪です。

死刑にならない冤罪。
これ、案外多いのではないのですか?

電車内で、女性の身体に障っていないのに、無理やり痴漢の
汚名を着せられた事例を見かけます。
その結果、何ヶ月も収監された人が、新たな証拠の出現によって
無罪を勝ち得た事例を忘れてはいけません。

厳正な捜査と、事実を見誤らない法廷が機能してこそ
冤罪を防げるのであり、そうした冤罪を排除する体制が整う
ことこそ最重要課題なのではないでしょうか?

サッカーの審判ではないのです。
人は間違うものだ。
そんな思想は人を裁く場には無用です。

本当に無くすべきものは何か?
確かな視点を持ちたいものです。

| | コメント (0)

負うた子に助けられ

昨日、出勤途中にコンビニで買い物。
さて、支払いに際して・・・・・・・
財布が無い!!

ポケットの小銭をさぐるものの・・・・・・・
足りない!!

レジに並んでのことでもなし
そのまま商品を棚に戻して買えれば問題なし。
そこで思いついたのは、電子マネー!!
買い物の際に付くポイントも貯まっているし
こんな時に使わず、いつ使うか!?

結局、チャージ残金が残っていて
事なきを得なかったのですが、
思いの他、ポイントも貯まっていて問題なかったようです。
思わぬところで助けられました。

携帯電話のオサイフ機能。
アチコチに、小額づつでもチャージしていれば
我が身を助けてくれるようです。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

手指の荒れにはコレ!

私は、例年10月頃から手指が荒れ始めます。
さしたる水仕事をせずとも、指先がガサガサしたり、
ヒビやアカギレに悩まされて来ました。

そこで毎年、色々なクリームを試すのですが、
一年目は良くても、二年目には効力を発揮出来ない
ところが不思議です。

そんな試行錯誤から見つけたのがこれ
アロインス オーデクリームSです。

肝心なのは、一度に沢山のクリームを塗るより
薄くてもyぴから頻繁に塗ること。
塗ってもベトつかないので、せっせと使っています。
そんな使い方なら、どんなクリームでも
効果が上がるのかな??

薬用なので価格は高めですが、
手荒れせずに冬を越せるなら願ってもないクリーム。
さて、今夜も寝る前に塗っておきましょう。

| | コメント (2)

2008年12月 3日 (水)

公正に自信なし

来年5月から実施される裁判員制度
その裁判員候補者への通知が始まりました。

それとは別に、12月1日以降に起訴された刑事事件の
被害者が、法廷で被告人に質問したり、求刑できる
被害者参加制度が始まります。

  この制度の対象になる刑事事件は
  殺人や傷害など、故意の犯罪で人を死傷させた事件
  強姦や自動車運転過失致死傷
  監禁、略取誘拐など。

まず、クジ運が悪い私には、裁判員候補に選ばれた通知は
来ません!! (と、思いたい)

仕事を休んで何日か裁判所に通う煩わしさより、
やはり人を裁くことへの恐れがあります。

逮捕、起訴された被告人が、法廷で自分の無実を訴えたら
私は、その証言をどのように判断するのか?
ハナから犯罪者と決め付けてしまわないか?
公正な視点で、被告人の証言に耳を傾けられるか?

まして、その場に被害者が登場したとき
私は被告人被害者、どちらの言い分を受け入れるのか?

さらに、被告人が明らかに有罪と判断できる場合でも、
被告に言い渡す量刑をどう判断するかで迷いそうです。
被告人と被害者双方が納得する量刑など有り得ない。

ワイドショー的な野次馬根性から、有罪だの無罪だの
死刑だの無期懲役だのと論じる訳にはいかないのです。

どんな制度も、それ自体は優れていても、
ひとたび運用を間違えれば、本来意図した方向とは
全く違った結果を招く恐れがあります。

新しい制度の開始まで半年。
我が事として真剣に考えてみたい問題です。





| | コメント (3)

2008年12月 1日 (月)

色づいた銀杏

東京・神宮外苑
絵画館前の銀杏並木は、映画やドラマなどのロケーションが
行われる銀杏の名所です。

銀杏並木は、やはり黄色く色づいた季節に価値があります。
葉がハラハラ舞い落ちる銀杏のトンネルをそぞろ歩き
と思いきや・・・・・

丁度 銀杏祭りで大変な賑わいでした。
銀杏の落ち葉より、見物客の数が多かった(ウソ)

アップした写真の下端が、見物人を入れないギリギリの限度です。
あの人出を見たら、折角のロマンチックな雰囲気が台無しになります。

15t72pb022

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »