« 一番紅い? | トップページ | 私の青空 »

2008年10月27日 (月)

それってホント?

テレビのニュースなどを観ていて感じる疑問があります。

外国人の発言を日本人が理解できるように、字幕を入れたり
吹き替えたりします。

この後者の場合、元の発言者の音声が小さく聞こえるのに
かぶせて、日本人の音声を聞くことになります。
この時、どう聞いても元の発言ニュアンスと、吹き替えられた
ニュアンスが違って聞こえます。
比較すると明るかったり暗かったりと、様々なケースがあります。
局のアナウンサーがナレーションを担当しているのではなく、
明らかに声優などが吹き替えしているようです。

そこに演出の存在を感知してしまうのですが
実情はどうなのでしょう。
番組制作者側の意図なのか、それとも声優の独断なのか。
テレビ番組で演出は常識ですから、そうした意図を排除せよ
などとは云いません。
しかし、より正確には、メディアに課せられた大きな命題。
改良の余地は無いのでしょうか?

|

« 一番紅い? | トップページ | 私の青空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一番紅い? | トップページ | 私の青空 »