« あの時 この時 | トップページ | 悲しい色やねん »

2008年9月28日 (日)

来た来た! 特別便

舛添要一 厚生労働大臣からねんきん特別便が届いた。
  (この大臣殿、いずれの宰相の世に、おわしたかは知らねども。)

先に家人、少々遅れてわたくしに。
わたくしが加入した厚生年金の配偶者として、
永年義務を担ってきたつもりが、国民年金の3号のナニヤラ
と、記載されていた。

コレは違うべぇ・・・とばかり、本人に早速問合せをさせると
配偶者の記載は、そうあるべき、とお上が決めたのだとか。

問題はその際の説明で、
まさに、そんなコトも知らないのか!?
と、ばかりのニュアンスだったとか。

これぞ天晴れなお役所仕事

家人曰く、
毎日、同じような質問を受けているのだろうから
そうした対応になるのは止むを得なし・・・
と、言うけれど・・・

己の都合を押し付け、己に利する行為に走る

年金の今有るを、我が身をもって感じた次第であった。

|

« あの時 この時 | トップページ | 悲しい色やねん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの時 この時 | トップページ | 悲しい色やねん »