« メール回帰事情 | トップページ | あの時 この時 »

2008年9月21日 (日)

食ショック

まあ!出るわ出るわ。
食材から製品まで、食べ物全般の不安や疑念。

我々消費者は、何を信じて食べたら良いやら。
日本人の主食である米さえ
政府がお墨付きを与えた毒入り米
これで事故が起きてはシャレにもならない。

非食用米を使用していないメーカーでさえ、
使用材料の安全性を疑われては死活問題だ。

食の安全に関心が高まった昨今だからこそ
こうして次々に問題が明るみに出てくるが、
これまではどうだったのだろう?

決して最近になって偽装や、不適切な使用が
行われたのでは無いと確信する。
恐らく、長い間、我々は知らないうちに
危険な食べ物を口にして来た
のではないか?

多分・・・
恐らく・・・
絶対そうだと確信する





|

« メール回帰事情 | トップページ | あの時 この時 »

コメント

間違いなく、私たち毒を食べ続けてますね。

「知らぬが仏」 って諺もあるし

ボケーッっとしてたら、ほんまもんの「仏様」になっちゃう。。

でも、そんなんでも「別にいいや…」なんて思ってしまう私、
がんばって長生きしても、良いことなさそうだしsweat02

投稿: はなまるちゃん | 2008年9月24日 (水) 23時07分

「薬も毒のうち」とはいいますが
真底「毒にも薬にもならないもの」なんて有り得ないのでしょう。

以前、昭和40年代以降に生まれた人たちは、
それ以前に生まれた人たちよりも、人体に有害な物質を含む
食物を多く摂取している、との話を聞いた覚えがありますけど、
現実は「どちらも変わりない」なんでしょうね。

投稿: kattu | 2008年9月28日 (日) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メール回帰事情 | トップページ | あの時 この時 »