« 極私的五輪グッズ | トップページ | ジャマイカの風 »

2008年8月16日 (土)

一本 ニッポン しょぼん

北京五輪で、日本柔道が思うような結果を出せなかった。
中でも男子100Kg級で鈴木選手が、なすすべもなく
敗退したのは衝撃的だったのではないか。

印象的だったのは女子で連覇した谷本選手
二大会とも、全ての試合を一本勝ちした戦いは
大きく賞賛されるべきだと思う。
彼女は、日本の一本を取る柔道を追及してきて
良かったと述べているが、これが日本柔道が
求めてきた勝利の正しさを証明したと考えるのは
正しい判断ではない。

彼女の勝利は、本人が精進した賜物であって、
日本柔道の勝利ではない。
あくまでも谷本選手自身の精進が実を結んだ、
と考えるべきだろう。

それだけ、現在、世界では日本柔道は弱体化している。
関係者は、勝者の多国籍化。
日本選手からハングリー精神が失われた、
のが不振の原因などと語っているようだ。
しかし、そうした認識そのものが不振の原因ではないか。

男子100Kg超級で勝利した石井選手
実は、国内の柔道関係者の中には嫌う者が居るそうだ。
今回の決勝もそうだが、ポイントでリードして、それを守り抜く
柔道が忌避される原因らしい。
だが、これこそ現在の世界JUDOの現実だろう。

井上が勝てなくなった原因、鈴木が敗れた原因。
それらの原点はポイント柔道にある。
その認識が無ければ、今後も一本勝ちを狙う日本柔道の
将来は無いのではないか。

選手の多国籍化、技の多国籍化。
そうした現実を忘れて、お家芸の繁栄はありえない。

|

« 極私的五輪グッズ | トップページ | ジャマイカの風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極私的五輪グッズ | トップページ | ジャマイカの風 »