« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

吾ワ変温動物?

暑い日が続きます
西日本方面は まさに うだるような暑さ のようです
こう暑いと つい 冷たいもの 冷房 に頼り勝ち

冷たいもの=ビール
これには諸手を挙げて大歓迎♪

しかし・・・
冷房については二の足を踏みます

電車に乗ると 否応なしに冷気に我が身が包み込まれ
目的駅に着く頃には 身体が冷えきっています
そこで 弱冷房車

初めは少し暑いと感じるものの
落ち着くと丁度よくなります

これが通常の冷房だと 身体が冷え切り
まるで車内(室内)温度と 自分の体温が
同じになったように感じてしまいます

加齢とともに 身体の活力が失われた
といえばそれまでですが どうも私の体温は
周囲の環境に影響され易い体質のようです
そんな体質があればの話ですが・・・

当然 周りは 私を変人扱い
扇風機の風さえ苦手なのですから
厄介者かも知れません

家族が暑さに参っているとき
団扇の風でやり過ごしている私は
やっぱり異常体質??

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

誰のため?

2016年
東京都が招致に動いているオリンピック

国威高揚が目的と見える北京
さて 東京都が目論むものは何か

石原慎太郎東京都知事は
何かにつけトップダウン型の行政手腕を感じる

都知事の 都知事による 都知事のための
オリンピックでなければよいが

15t64hi138

| | コメント (0)

2008年7月27日 (日)

ベタ 六本木

26日午後、六本木で待ち合わせ。
あの交差点の、あの店の前で。
しかも、そのまま店内へ。

恋人同士でもないのにハズカシイ!!
窓際を見ると、さすが六本木。
ここはフランスか? と、思わせる雰囲気。

これがファーストフード店だと、
ここはアジアか中南米か? の雰囲気。

どちらが良いという話でもなく。
人種のルツボじゃなぁ・・・

15th6pa0_0002

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

命を返せ!!

世の中の起きる出来事は、どこか他人事と受け止めがちだ。
それが身近に起こって、初めて事の重大さに気付く。

東京・八王子で起きた殺人事件。
生活圏で、しかも買い物に立ち寄ることもある駅ビルでの
惨劇に、身が凍る思いだ。

世の中が殺伐とした印象を持って久しい。
それにしても、己の憂さ晴らしで命を奪われては
本人、家族とも悔しさを晴らす手立てがない。

死をもって償っても償えきれない
どのようにすれば被害者の気持ちを鎮められるか

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

喰うか 喰わずか

土用丑の日
多くの勤め人にとっては給料日前だろう。
心もとない懐具合の中、奮発して鰻屋の
暖簾を潜るか、それとも諦めるか。

あのタレが香ばしくぬ匂う店頭を、避けて通る御仁が
多いかも知れない。
しかし、この日は鰻屋に限らず、魚屋でも、惣菜屋でも、
日頃、鰻と縁がない商売でも店頭で鰻を焼く店が増えた。

あの匂いは何よりの客寄せ看板だ。
さてさて。
どうなる? 本日の昼めし。

| | コメント (0)

初蝉?

夜明け 蝉の鳴き声を聞いた。
恐らく 今年初めてではないだろうか?
そうだとすれば 随分遅い初鳴きだ。

住まいの敷地内に欅の木があり
毎年 蝉が群がってやかましいのだが
今のところ静かなのでありがたい。

何せ あの鳴き声は暑さを数倍増長させる。
ヒグラシの鳴き声を聞くまで
我慢の夏が始まった。

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

アチィねぇ・・・

よく、梅雨明け十日といいます。
梅雨が明けた後の十日間は暑い という伝えだと
思います。
それが今年は 梅雨明け と思われる宣言 前から暑い。

それどころか27日以降の一週間は、格別の暑さが予想されてます。
熱中症は、必ずしも炎天下で起きる症状ではないようです。

雑草はさすがに元気ですが、その元気がいつまで続くのやら。
R15t58p009

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

夏空に

C15t72p005 打ち揚ぐる
ボールは高く雲に入りて
又落ち来る人の手の中に

正岡子規が野球を題材に詠んだものだ。
彼は、松山から上京した明治19年から同23年頃にかけて
東京大学予備門に在学中、上野恩賜公園の一隅で
日本に紹介されて間もない野球に親しんだという。

(のぼる)の幼名から、野球(のぼーる)と雅号を称したほど
野球に熱中し、その雅号は、後にこのスポーツを野球と
命名するヒントになったと予想される。

彼自身が考えた野球用語で、今日も使われているものが
いくつかある。
打者  走者  直球  飛球 など、どれをとっても今日では
欠くことの出来ない野球の基本用語となっている。

時あたかも、高校野球の地方大会真っ盛り。
炎天下、甲子園を目指して白球を追いかける若者達に、
本邦初お目見えの野球に親しんだ若者達を想うのも愉しい。
青空と白球は、時と場所を越え若者達を魅了し続けている。

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

火傷でも したかい?

我が家の近くに水路が流れている。
嘗ては水田に水を入れる用水であったもので
今では整備されて親水公園のような役割も果たしている。

今月7日にアップした記事で紹介したクロハトンボ
こので見つけたものだ。

その水路の一角に、小さいながらも公園が造られている。
地面と水路との落差が少なく、水深も浅いので
子供達が遊ぶには格好の場所になっている。

その公園で今夜。
地面に腹ばいになり、水面に両手を垂らしているのは???
白黒ブチの猫♪
普通、猫は水を怖がるそうな。
それにも関わらず、両手をダラリンと水に浸けていたのは
余程暑かったのだろうね。

折りしも、関東では梅雨明け。
土が残っている田舎とはいえ、大半は舗装された路面が多い。
そんな路面を歩いていると、さぞ足裏が熱かったのだろうね。
ついつい、嫌いな水を厭わず、ピチャッと浸けたくなる気持ちは
察して余りある。

カメラを用意しようと思ったが、そうした私の気持ちを察したか、
それとも後ろを通りかかった犬の散歩が不快だったか?
サッツと、身を翻した猫が恨めしい。

| | コメント (0)

謂うまいと

謂うまいと
思えども・・・
暑い暑い
天気図は前線の居座りを示す
暫し梅雨明けはお預け

| | コメント (0)

2008年7月17日 (木)

おフクロさん♪

H15t64p007 わはは マンマでござる
四月
白い可憐な花を咲かせた梨が
実を結んで順調に育っています

めでたく袋をかけて貰えた実
鳥たちの餌とばかり 野ざらしのされた実

いずれにせよ 人間の胃袋に納まるか
鳥の胃袋に納まるか
どちらが幸せとはいえまい

その種を
確実に運んでくれるのは鳥に違いないが・・・

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

20万隻

15日、全国の漁業従事者が漁を休んだ。
一斉に休漁した漁船は20万隻に及んだ。
理由は、漁船の燃料費高騰である。

世界規模で、原油高騰の影響が出ている。
先のサミットでは有効な対策を見出せず、石油製品に
頼っている産業は死活問題に発展しているようだ。

直接、石油製品を使わずとも、石油製品を使った資材や
梱包材などで、原油高騰のあおりを受けている産業もある。

いずれ、石油は枯渇するが、その前に、我々が枯渇して
しまいそうだ。
この原油高騰の原因に、一部の投機筋が存在しているのは
承知の事実だ。

万事に金が優先する社会。
金儲けは、いけないことですか?
そんな発言をした投資家がいたが、原油投機は正しく
犯罪的な投機行為だと断言できる。

| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

ワンコと林檎のトバッチリ

携帯電話の料金プランを変更した。
これまでの料金より、さらに安くなるプランである。
普段使わない携帯電話であり、掛かりは抑えたいのが本音。

ただ、今回は変更せざるを得ない理由が他にあった。
家族割が使えなくなったからだ。
まず下の子が、次いで家人がワンコ陣営の軍門にくだった。
そしてこの度、上の子が林檎を取り込んだワンコ陣営に
組したのである。

そこで一人残された私は誰でも割で凌ぐことになった。
携帯電話の選び方は人それぞれで、家族が揃って
鞍替えしたところで自分もとはなりにくい。

プラン変更を相談に訪れた携帯ショップで、案内役は私に
携帯電話で使う機能を問うたが、そのどれもが携帯電話の
基本機能から外れており、相手を困惑させてしまった。

多少の冗談を交えているものの、最も使う機能は時計
携帯電話を持つと腕時計を持つ必要が無くなってしまった。
同時に、目覚まし時計としても重用している。
案内役から「高い時計ですね」と、ヤンワリ厭味を言われた。

次に使う機能はカメラ
デジタルカメラを取り出すほど大袈裟でない写真ならば、
携帯カメラを利用するのが便利極まりない。
幸い、今使っている携帯カメラの画質に満足しており、
先端をいく500万画素の携帯カメラは暫くお預けとする。

三つ目はおサイフであり、4つ目は辞書か・・・。
モバイル・スイカで電車やバスを利用するだけでなく、
コンビニや駅ナカで買い物するにも便利だ。
また、つい忘れた漢字を確認したり、解らない言葉を
調べるとき、辞書機能を頼りにしている。

5番目にやっとメール機能を使い。
6~7番目が無くて、8番目にやっと電話機能を使うか。
こと、ここに及んで呆れる携帯ショップの案内役であった。

こんな有り様ゆえ、料金は安いが一番。

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

夏 間近

梅雨の晴れ間にしては、真夏日ともなれば暑い。
そして、ここ数日の雷雨。
こうなれば夏本番まで、もう半歩。

G15t72h083 昨日、仕事の合間に建物の屋上に出た。
東京都庁舎を西方向から見るのは
新鮮な眺めだ。多くは東側から
新宿摩天楼を従えた都庁舎が馴染み。
かつて、地上げなどが横行する前は、この西新宿界隈は
下町の風情を残した地域だと聞く。

そんな事を考えて、地上に降りて間もなく。
空模様が怪しくなったと思ったのも束の間、
雷が近付いて来た。
幸い、この辺りは降られずにすんだが、雷が呼び込んだ
突風で路上にゴミが散乱していた。
雷雨に見舞われた地域は、かなりの雨と突風に襲われ、
一時は騒然としたようだ。

夜、最寄り駅に降り立つと、路面に雨の痕跡。
時間をずらして、この地域も雷雨が襲ったようだ。

今日も、夕の雷雨を警戒する予報が出されている。

| | コメント (2)

2008年7月11日 (金)

氷りついた

数日前から冷蔵庫が氷を作らなくなっていた。
製氷皿で氷を作るのではなく、自動的に氷を作るもの。
この季節、氷が無いのは不便極まりない。

2日ばかり製氷皿で代用していたが、どうにも心もとない。
修理依頼をするにしても、家族全員が出払っているので
日程がをどうするか・・・

そうこうしているうち、何とか今まで通りに氷が出来る
ようになった。
暫し氷りついた気持ちだったが、やれやれである。
あの不具合は何だったのだろう??

| | コメント (0)

2008年7月 8日 (火)

立ち尽くす

7月に入ると、そろそろ梅雨明けが待ち遠しくなります。
梅雨の中休みで太陽が顔を出すと、気が早い人は早速
梅雨明け宣言をします。

しかし、梅雨前線が居座っている以上、梅雨明けとは
ならないし、その梅雨前線を低気圧が刺激すると、
時として風雨による災害を招きます。

そこまでいかずとも、今朝の首都圏は一部で俄か雨に
見舞われました。
バケツどころか、タライを引っ繰り返したような雨です。
遅い出勤者や、これから取引先を訪れようとしていた
営業担当者で、暫しの足止めを余儀なくされ人も多かったはず。

15t64hi094 正直あの雨の中を出かける人はツワモノです。
スカートの女性なら、靴が濡れるだけで済みそう
ですが、男性ならスラックスの裾がビショヌレに
なりますから。
実際、一時タクシーがつかまり難かったようです。
雷と共に、こんな雨が降れば梅雨明けなのですが。
  (写真はイメージです)

| | コメント (0)

2008年7月 7日 (月)

お初に お目にかかります

日曜の昼前、梅雨明けを思わせるような強い陽射しに
早くも辟易としながら外出しました。

家を出て間もなく、近くを流れる用水の縁にしゃがみ込む
ある意味怪しい男性。
一瞬、見ないフリをして通り過ぎようとして、その男性の
視線に気を惹かれました。
何かを見つめているらしい先に・・・トンボ!?
Gs15t72p010




翅は折りたたんで
チョウのような居ずまい。
翅は透き通っていなくて黒っぽい。
2枚に折りたたんだ翅を広げると、4枚の翅が現われた。
Gs15t72p013
図鑑で調べるとハグロトンボらしい。
特に珍しい種ではないようだが、私は初めて目にした。

燕の子育てを見られたり、初めて見る蜻蛉の出会えたり。
何か得した気分にさせられる、鄙な土地柄である。
だって名前からして百草園(もぐさえん)だもの。

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

敢えて不便に戻れるか?

コンビニエンスストアの夜間営業を規制しようとする
自治体が出ている、とか。
省エネや、二酸化炭素の排出を抑制する狙いである。

ヤリ玉に挙げられたコンビニエンスストアの経営者は
猛然と反発している。まぁ、当然ではありますが。
いまや、かの店舗は社会的な役割を荷なう存在と
なっている。

例えば、深夜営業の規制を検討する自治体への税金や
公共料金を納める窓口として指定しておきながら、
恩を仇で返す お役所仕事にならなければよいが。

朝日新聞の天声人語は、
コンビニエンスストアの24時間営業と、深夜型生活の
浸透の関係をニワトリタマゴに例えていた。どっちが
先やらの因果関係だという。

深夜労働によるコンビニエンスストアの必要性などは、
かの業界自体が24時間営業を守るために深夜労働を
つくり出している矛盾もありだ。
ただ、少なくとも24時間営業のコンビニエンスストアを
利用できるからと、深夜操業する企業が現われたとは
考えにくい。

現実的には、深夜店舗を閉めて照明を消したところで
店舗の裏では電力を大きく消費する冷蔵(凍)庫は
稼動を続けており、省エネ効果は疑わしいらしい。

もうひとつ。
まさに、それらの店舗が24時間営業する便利さに
ドップリ浸かってしまている我々が、それ以前にあった
不便な生活に立ち戻れるものなのか・・

それらの論議を始めると、際限なく問題が噴出する。
例えば、旬を無視して年中食べられる野菜はどうだ。
これらは概ねハウス栽培で燃料を使うボイラーで
生産が保たれている。
石油燃料高騰の折り、このままでよいのか?

地球環境を考えれば、先に便利や豊かな生活を享受した
国々が、後を追ってくる国々に対して、不便で貧しい
生活に甘んじろとは言いがたい。

本当に、真面目に我々の生活と、次世代の将来を見据えた
考え方が欠かせない時点に来ているのだろう。





| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

若いツバメ

15t72p06 ハハハ まんまです。
色っぽい話題を想像した方、申し訳ない。
巣立ちを間近に控えた雛鳥たち。
それなりに不安もあるだろうなぁ・・・

私が、この地に越して来た当初は、辺りに田圃が
数多く見られたました。
それから20数年を経て、僅かに田圃は残っていますが
都市化の波は避けようもありません。

それでも、毎年、この近所の営巣するツバメ。
去年のカップルだろうか?
それとも、ここから巣立った若い親鳥だろうか?

元気に 飛び立て!!
達者で 暮らせ!!

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

なんだかなぁ・・・

本を貰った。
もう読まないから、という理由からだ。
読んでしまったから、ならまだしも
買ってみたもののつまらなかったから、とは・・・
とっさのことで辞退する猶予がなかった。
正直、困惑しか感じなく読んでみたいとは思わない。

映画や音楽など、個人の好みが強く現われるけれど
本などは最もそうした傾向が強いのではないだろうか。

読んでしまった雑誌ならまだしも
読んでいない本を捨てるのも本意ではない。
本を交換できるコーナーがある図書館に持ち込もうか。
1冊の薄い文庫本に悩まされている。

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

篤姫は作法知らず?

NHK大河ドラマ篤姫での話しである。

知る限り、篤姫はこれまで二度菓子を食べる場面があり
その際、いわゆる手盆で食べるという所作をみせている。
将軍家定への輿入れを控えた身として、あるいは御台所
としての振る舞いとしてあるまじきことだ。

食べ物を口に運ぶとき、食べ物を持った手に、もう一方の
手を添える手盆。
作法上は法度とされる所作をとらせる演出は、演出家の
無知のゆえか?
別の場面、別の演者では懐紙を使っており、あながち
作法を知らないとも思えないのだが。

テレビの食べ物番組を見ていて、それなりに作法に通じている
と思われる仁が、この手盆を平気でみせている。
世間的には市民権を得た作法であるが、何度見ても違和感を
感じずにはいられない。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »