« 続・馴染めない | トップページ | 安全を更新 »

2008年5月15日 (木)

中国四千年の伝統

それが官吏の汚職だったら・・・

中国で起きた大地震は、自然災害でありながら
一方で、多くの被害者を出した建物の倒壊などは
人災だとの見方が多数見られる。

建築基準を大きく下回る構造で建設された建物の
脆弱性は、以前から危惧されていたようだ。
その原因が噂されている通り、建築許可を得るための
汚職に起因しているとすれば、これほどの悲劇はない。

建築許可を取得するには、役人への賄賂が欠かせなく
その原資は建設資金だ、という。

こうした中国での官吏による汚職は、歴史が古いようだ。
革命後、中国共産党は、官吏の汚職追放を大きなテーマに
揚げたが、一向に改まっていないということか?

そうした歴史の結末として、今回の災害があるとすれば
被災者が救われる道はあるのだろうか?

|

« 続・馴染めない | トップページ | 安全を更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・馴染めない | トップページ | 安全を更新 »