« 火種で種火 | トップページ | 花ざかり »

2008年4月20日 (日)

花泥棒

群馬県で、チューリップの花を折る犯罪が続いた。
その模倣か、都内ではパンジーが根から抜かれた。

チューリップは、市場に出荷する栽培農家の畑からという。
数年来、果物が収穫期に盗まれる犯罪が後を絶たない。
こうした被害に遭った農家の悲憤の深さは想像にたやすい。

犯罪者には何を言っても通じないだろうが、極めて卑怯で
恥ずべき犯行である。
花だから、食べ物だからなのではない。
良民の働きや苦労を嘲う行為が許せないのだ。

何が楽しくて愚行に走るか!?

Rg15t36hit024

|

« 火種で種火 | トップページ | 花ざかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火種で種火 | トップページ | 花ざかり »