« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

花冷え

ソメイヨシノが満開になった首都圏では、日曜日、夕方から雨。
今日も、その雨が午前中は残りそう。
花冷えという言葉ほど寒くはないが、桜が咲いた季節によく
みられる気候である。

桜を追いかけて、都内の名所である青山墓地に出掛けた。
気温が低い所為か、思ったほど花見客は多くなかった。
花見酒を楽しむ人達も少ない。

墓地には有名人の墓も多いが、外国人の墓も見られる。
花見を兼ねた墓参だろうか。
外国人の墓石周りを歩く外国の人を見かけた。

右に六本木ヒルズ 左に東京ミッドタウン
東京では有数の高層ビルが臨めた。

H15t72p0012

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

夜桜

六本木とはいえ、その喧騒を逃れると静かな桜並木を愉しめます。
夜桜狙いの素人カメラマンも少なく、落ち着いて夜桜を撮影。
アークヒルズ近くの桜坂にて。
H15t72p054

| | コメント (0)

2008年3月27日 (木)

バカ殿 ご乱行

世論調査を気にしたら政治はできない
石原慎太郎東京都知事の発言である

東京都が1千億円を出資して設立された新東京銀行が
経営破綻を引き起こし、400億円の追加出資を議会に
提案した結果、議会は、これを承認する運びとなった。

銀行業には素人が経営の中枢を握り、結果、事業の存続
いや、都知事の延命工作としての追加出資は何たることか。

400億円の資金を、他の分野で使ったら、どれだけの善政が
しけるかの問題ではない。
無駄は無駄なのだ!!
早く引責辞任せよ!!慎太郎!!!!

| | コメント (0)

2008年3月26日 (水)

桜坂にて

桜坂にて
夜桜の追っかけ

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

肩の荷を降ろす

ただし、片方だけ。
今日は長男の卒業式でした。
学位授与式というのだそうです。

長男と次男の進学が重なって、夫婦で手分けして
入学式に出席したのが4年前なのでした。

これで、長年悩まされている五十肩の苦痛が
少しでも和らいでくれたら、と願うのですが・・・
それは筋違いでしょうね。

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

銀ブラ

彼岸につき 築地の寺に参る

H15t73p013 帰路 いつもの道で銀座に出る
途中 東銀座で桜を見つけた
桜はソメイヨシノだけじゃないぜ
とばかりの 粋な咲きぶりに見入る

4丁目のWAKOは 改装工事に入るようだ
こうしたウインドウの飾り付けを見られるもの
暫くお預けになるのか
G15t72p017_2
実はウインドウを見て頂くと分かっていただけるか
これだけの人通りで 通行人を入れずに撮るのは
根気が要ります

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

うつうつ、と。

今朝、今年初めて鶯の鳴き声を耳にした。
また、都内でソメイヨシノが開花したと報じられた。
春分の日を襲った春の嵐は、冬のなごりを吹き飛ばし
本格的な春の訪れを促したようだ。

喜ばしい一方、芳しくない転換もあるとか。
花粉の飛散が、スギからヒノキに移るらしい。
この二日ばかり、鼻や喉の具合が良くないのは、
こうした花粉の転換期が影響しているかも知れない。

物事を成し遂げる意欲に欠けているように感じる。
そんな気分を、春の月に託して表してみた。
なんちゃって、単なる撮りそこない。

10c15t64p003

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

いくらナンでも

喜代美ちゃん いゃさ 若狭ちゃん

NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」
主人公が、おじいちゃんの形見として聴いている
カセットテープですがな。
あれ、すでに何十年も聴いているのと違います?
どう見ても、おじいちゃんが聴いていたテープと同じものでしょう。
もういい加減テープが伸びていませんか?

びろ~~んと伸びたカセットテープと、パンツのゴムは
使い物になりまへんでぇ!!

| | コメント (0)

それでもやっぱり

中野友加里
世界フィギュアでは4位に終わましたが、
最終滑走を見事な演技で締めくくった彼女に拍手!!
全てを出し切った結果なので、本人は満足していたようです。
まだまだ活躍を期待しています。

それで、表彰式での国歌演奏。
ア・カ・ペラのコーラスというのは意表をつかれましたね。
男女混声の美しいハーモニー美しい日本語
欧州の大会で聴こうとは思いもよらない驚きの演出でした。
この大会のためだけに結成されたコーラスだそうですが、
もしかすると「君が代」だけ練習していたりして・・・・・

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

中野友加里を応援

フィギュアスケートの世界選手権。
女子では、浅田より安藤より中野選手を応援している。
理由は、彼女のスケーティングがフィギュアスケートの
真髄を突いているからだ。

フィギュアはジャンプが重用されるが、リンクの端から
中心まで、ほぼ半分の距離真ん中まで
跳ぶぞ跳ぶぞとポーズした結果跳ぶのでは興ざめだ。

その点、中野選手のジャンプは自然で、演技の流れを
損なわない。
技術も表現力も優れている彼女だからこそ、是非とも
綺麗な色のメダルを手にさせてあげたい。
気持ちは金メダル!!
SP3位からの優勝は夢ではないゾ!!(某テレビ局風)
世界フィギュアの流れを変えて欲しい。

| | コメント (0)

「踊り場」たって?

政府は、景気回復が足踏み状態にあると発表した。
大田経済財政相は、景気を踊り場状態になっている 
と会見で述べた。

その踊り場とは何階のことか?
我々庶民に感触では、景気低迷の頃から変わらず
地下3階の踊り場といったのが正直な感触ではないか?

とかく景気情勢については自画自賛の政府だ。
今や、信用失墜の石原東京都知事がおわす都庁舎と同じ
地上54階に登る踊り場かいな??

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

ちょっとアンタ!?

帰宅途中の電車で、ある男の仕草。
見るからに柔らかそうなタオルで、なにやら磨いている。
見ると、それが携帯電話と、ひと目で分かった。
メタリックシルバーの本体は、彼の手でピカピカに磨かれていた。

少なくとも、私が気付いてからでも2分近く磨いている。
丹念に外側が済むと、次は内側・・・。
漸く気が済んだか、タオルで携帯を掴んだまま、背広の内ポケットに
その携帯をしまった。

ねぇ。
それって何のために持っているの??
電話は、公衆電話から掛けるのですか??

どうぞ、大切に。

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

国なのに市?

新聞に投稿した人の住所を見ると静岡県伊豆の国市だった。
国なのに市とは面妖な!!
いやいや、ここでいう国とは国家にあらず、とは承知のうえ。

平成の大合併で、伊豆地方の市町村が寄り集まったものの
合併前の市町村名一つを残す合意が得られなかった結果の
苦肉の策なのでしょう。
最大公約数的な命名ですが、どこか情緒に欠ける感じが。

行政の都合で横町の名前が変更され、由緒ある町名が姿を
消したのも承知のとおり。
土地の由緒や特徴そ示す地名は貴重だと思うのですがねぇ。
場所によっては旧地名を回復した町も有るとか。ただ、今さら
古い地名を回復しても、その謂われを知らない住民ばかりと
成りかねないのが現状かも知れません。
それでもやはり、情緒に満ちた地名・町名は人の心に沁みると
思うのですが・・・・・
これって、単なる懐古趣味?

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

久々の

絶不調
仕事で、日頃使わない筋肉を動かしたため
肩、腕、背中、腹筋、腰、腿と、全身の筋肉が軋む。
花粉の飛散は最盛期で、ズルズルのショボショボ。
不調時の常として、体温が下がって全ての意欲がそがれる。

弱り目に祟り目で、歯痛が追い討ちをかける。
浮いた歯を気遣いながら食べ物を噛むと、今度は舌を噛む。
思わず食卓を引っ繰り返したくなる。

そうした症状が二日間続いて、昨日は回復傾向に転じた。

春爛漫
体調も気分も爽快にして迎えたいものです。

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

○ー○○病?

このところ、インターネットに接続した反応が遅すぎる。

まるで昔のアナログ回線時代に逆戻りした気分。
これ、毎年繰り返しているように感じる。

セキュリティソフトの期限が近付くと出る症状ではないか。
今使っているソフトの期限まで2ヶ月。
これから頻繁に自己主張するんだよなぁ。

ちゃんと更新するから、余計なコトするなヨ。

| | コメント (0)

溺れる

目はウルウル
鼻はグシュグシュ

水気が多くて窒息しそう

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

その正体、真意は何か!?

南極海で行われている日本の調査捕鯨に反対して、
米国のシー・シェパードを名乗る団体が抗議行動を続けている。
捕鯨調査船に接近して、薬品入りの瓶を投げ入れる行為がそれ。
度重なる妨害行為に対して、日本側は海上保安員が威嚇行動に
出た。双方の主張はイタチゴッコの様相を呈しているが、そもそも
あの反捕鯨団体称する粗暴な集団の正体な何か。
そして、抗議行動の真意はどこのあるのか。

動物愛護といえば世間体はよい。
よく言われるのは、あの団体が属する米国は、かつて有数の
捕鯨国で
鯨油の採取目的での乱獲は鯨の生息を脅かした
その米国に属する団体が主張する反捕鯨の主張の何とウソ寒い
ことか。

シー・シェパードにして。最初の抗議行動の際、船長はアフリカでの
貴重動物密漁者を例に取り、連中は銃で撃たれるが、日本の捕鯨
船は危険がない抗議行動で護られている、といった趣旨の談話を
出し全く悪びれたところがなかった。
まさに確信犯的な言動の根底には、鯨を観光資源として扱う連中
の利益代表としての顔が見え隠れする。
鯨観光、決して鯨を保護しようとするものではないことは明白だ。
観光資源として、鯨を一定海域で潤沢に捕縛しておきたい
だけが実態ではないか。

しかし、その結果もたらされる利益が何か、それが理解できない。
政府も、報道も、彼等の正体を正確に明らかにして欲しい。

日本が行っている調査捕鯨の正当性にも疑問は有るが、その前に
不当な活動を展開する団体を糾弾するのが先ではないか。


| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

もう直ぐ満開

15t64p001 ご近所の河津桜が、七分咲きになりました。
11日の最高気温は19℃と予想されています。
街で見かける梅は満開の木が多いようです。
いよいよ春満開になりますか・・・

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

U RA RA KA

U RA RA KA
SAKURAという歌手に、この名の曲があった。
ほんに今日は麗らかな。
河津桜も気持ち良さそう。

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

赤い目のウサギさん

私のコトです・・・・・・・・
ブッ!!
シツレイしました。

気象庁発表の花粉予想がピッタンコあたりました。
今が花粉が飛ぶピークで、花粉症該当者は悲惨のピーク。
目がカユクて!カユクて!!。

目玉をシャブシャブしたいくらいですワ。
鼻水が小康状態になって数年、目の痒みは酷さを増します。

そこで、してはダメと分かりつつ、シャカリキに目を掻きます。
年甲斐もなく徹夜でもしたか、さもなくば呑み過ぎか。
そんな解釈しかされないのがシャクの種。

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

春眠 暁を覚えず

には、まだ早いこの時期。
眠い。

だいたい、ポカポカした電車内がよくない。
外国では、電車内で寝る乗客はいないらしいですね。
そんな話を聞いた記憶があります。
安全に乗っていられないからでしょうか?

まぁ、兎に角。
我が国では、日中の電車はゆりかごの如しです。
欲をいえば、もう少し運転がスムーズならねぇ・・・
発車、停車の衝撃が心地よい眠りの邪魔になる、こともある。
駅の案内放送が大音響で、それが眠りを妨げる、こともある。
3つ隣りの乗客の大鼾が気になって寝そびれる、こともある。

若い女性が、いつこちらに寄り掛かってくるか気掛かりで
眠れなくなる、ことはある。

本を開いても、知らぬ間に深い眠りに落ちている。

そんなこんなで、また乗り過ごしてしまった。

| | コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

春めく

昨日は啓蟄でした。
旧暦でのことですから、現代の暦ではもう少し先が本来の
啓蟄になりましょう。
それでも、随分春らしい気候になってきました。
並木に巻かれたコモのなかで、虫達がそろそろ目を覚まし
始めそうです。

昨日は、気象庁がソメイヨシノの第1回目の開花予想を
発表していました。
開花が早かった去年よりは遅く、平年並みの開花予想です。
これで入学式まで桜が咲いている地域が増えますか?
やはり桜は卒業式より入学式に似合うようです。

別の予想では、花粉のピーク日が明日7日と訂正されました。
こちらも花粉の飛散が多かった昨年より、少な目の飛散量で
ピークを迎えるようです。ただ、ピークは一度だけではなく、
今後も2~3度訪れる可能性はあるようです。
桜の開花情報と違って、あまり嬉しい情報ではありませんが、
もう少しの辛抱です。

雪が多い地方では、まだまだ雪が降る日があります。
ひとり、春だ春だと浮かれていては居られません。

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

ママチャリ3人乗り

警察庁は、子供を2人乗せた自転車を認める検討に
乗り出すという。

先に、自転車の正しい乗り方を定めた教則を、30年ぶりに
改正された。これに伴い、これまで黙認してきた3人乗り禁止
を明記すると定めた。

実験では、この母子3人乗りは走りはじめや停止時、または
坂道でハンドルを取られる場面が多く、改めて3人乗りの
危険性が確認された。

ところが全国の幼児を育てる母親からは、前後に子供2人を
乗せないと、日常生活が成り立たないとの意見が多く聞かれた。

そうした現実を踏まえ、安全な3人乗り自転車が開発される
ならば、3人乗りを認めようというのが趣旨。
有名無実な3人乗り禁止なら、安全を担保に新しいルールを
定めるのは英断と思う。

子育て支援とは別次元の話だが、全国の母親に朗報となって
くれるか。

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

どうさ 黄砂

しょうもないタイトル。
だからアクセスが少ないのか??

仕事に追われ、たびたび外に出てはいたものの、
3日は、ついぞ空を見上げる余裕がありませんでした。

中国では砂漠化が猛烈な勢いで進行しているといいます。
その面積、一日にして東京都23区の面積より大きいとか?
兎に角、国土の面積や人口の大きさは地球最大といっても
過言ではない中国。

エネルギーや食糧などの消費量でも、他を抜いています。
そうした消費のツケ(環境問題)も然り。

今日、恐らく。
権力を欲しいままにしている為政者とて、国家を維持するには
国民の支持を得なければならない。
その時、何を国民の求心力とするか?
手取り早いのは、外へ向けてエネルギーを放出すること。

中国がそうだ、といった論旨ではありません。
他の国家にも、自国の利益を隠しながら、他を貶める政策を
敷く政権もあります。

例えば
観光資源として珍重したい動物保護のため、その動物を
捕獲する行為を妨害する組織(政権ではないが)も同様。

自然に生きる生物が大切だからと、例え、禁を犯した人間を
銃で撃ち殺しても良いと考える。
そうした環境保護団体の実態は何なのか!?

私は調査捕鯨という実態不明な行為を危ぶみながら、同時に
利得のために活動しているのではないか、といった疑いを持つ
反対組織にも注意を怠ってはならないと考えます。

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

桃の節句に思う

雛祭りです。
端午の節句と比べると、やはり華やかさが勝ります。
そもそも、両者は比較すべきものではないのですが。

これらの習わしは古来から伝わり、男尊女卑の洗礼受けて
今日に至っています。
男女平等だの、男女機会均等法だのと申しましても、根底に
流れている思想は、未だに追いついていません。

男が優れているとか、女が主導する世界こそ本来の姿だとか、
かまびすしい話は別として。やはり双方が手を携えてつくった
社会こそ、次代に引き継ぐのに相応しいと考えます。

視線を国内に限って向けると、社会には男女を越えた多くの
弱者が存在しています。これらの人々が世間並みの生活を
送れるように、政治はどのような配慮(政策)をもっているか。
私達は日々、目を凝らしていなければならなりません。

社会に蔓延する諸問題を、流し雛に託して遠ざけられたら。
そんな絵空事しか思い浮かばない現実を憂う。

C15t64p0014_2
一本の木から、紅白の梅花が咲くのにかこつけて、
万人が幸せになれるよう弘法大師に手を合わせる。
東京・高幡不動尊にて

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

変更しました

当ブログのテンプレートを変更しました。

以前使用していたデザインに戻しただけです。

改行によって生じる一行の文字数など、

変更に伴う修正はいたしませんがご容赦ください。

| | コメント (0)

サッポロ ビアファイン

新発売が出ると、つい飲んでしまうのがビールや発泡酒など。
それらの試飲で芳しい結果は出ないことが多い。
今回飲んだ SAPPORO から出た BEER  FINE は合格。

糖質やカロリーをカットすると、概ね本来の旨さを犠牲にした
印象を抱いてしまうものです。その点、この新製品には及第点を
あげたいと思いました。

私がビールに求める味は[苦味がある][雑味がない]の2点。
雑味とはどんな味かを説明するのは難しいですが、飲んだ後味が
爽やかであれば、不快な雑味は無いと考えています。

この銘柄、私にとって一番にするまでには至りませんが、糖質を
カットしたビールの中では一押しにしたい銘柄です。
ビールで怖いのは、糖質よりプリン体だという説もあるようですが。
15tpa001




これだけ褒めても、有名人のブログではないから、
メーカーからは宣伝効果は評価されないだろうなぁ。

| | コメント (4)

2008年3月 1日 (土)

肩痛っ!

今、五十肩に掛かっている。
別段、威張ることもないが・・・

五十肩は、これまでも何度か繰り返してきた。
腰を痛めやすい人がいるけれど、私は肩が弱いらしい。
四十肩と呼ぶには早い年齢から経験しているので
それだけ肩痛とは長い付き合いになっている。

2ヶ月ほど前までは、左肩が動かし辛かった。
肩の痛みより、肩から肘にかけての痺れに悩まされた。

その左肩の痺れが消えた途端、今度は右肩が痛い。
こちらは腕の上げ下ろしに不自由している。
洋服を着たり脱いだり、風呂で体を洗うのにも苦労する。
つい、イテテテ!などと声が出てしまう毎日を送っている。

肩の痛みが、人生で肩の荷を降ろす時が近いのか?
と気を廻させる。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »