« どなたか存じませんが | トップページ | 2月29日 »

2008年2月28日 (木)

防衛省は呆の集まり

漁船清徳丸と海上自衛隊イージス艦あたごの衝突事故について
防衛省の不可解な行動が次々と明るみに出てくる。

イージス艦が漁船を認識したのが2分前か12分前か。
それが分かったのは何時なのか。
野党は、鬼の首を取ったように防衛省を追求しているが、それが
どれほど重要な要件なのか。
イージス艦の側に、漁船との衝突を回避する意思があったか
または、衝突の危険がある認識があったかどうかが重要だ

その点で野党の追及は、のっけから防衛大臣の辞任を要求する
など、まさに事故を政治に利用している。そのような政治的な
駆け引きをする前に、漁船員の救出と、事故の原因究明を急ぐべき
なのにだ。

イージス艦の航海長を、海上保安庁の事情聴取前に防衛省に呼び
事情を聞いた問題では、防衛省の体質にあきれ果ててしまう。
防衛大臣はじめ事務次官や、制服組の幹部まで問題意識の欠如。
その場で行われたのは、口裏合わせどころか口止め命令と考える
のが妥当だろう。

27日、イージス艦の艦長が初めて清徳丸の家族に面会した
艦長は記者会見に臨んで、東京湾でなく事故を起こした海域に
多数の漁船が航行しているのを知らなかったと語った。
だからこそ事故当時は艦橋に居ず仮眠中だったのか。
仮に、この艦長が艦橋に居たとして、果たして衝突事故は防げたか
どうかは大きな疑問だ。この認識の無さ、責任感の欠如。

前事務次官や制服幹部をめぐる醜聞
国と国民を護る意識の希薄さ
国民の目を欺く隠蔽体質

これらのどれをとっても防衛省の解体的な改革が必要だ。

今回の事故に関して、防衛大臣以下、防衛省幹部の引責辞任が
取り沙汰されているが、最高責任者である内閣総理大臣の責任も
問われなければならない。

|

« どなたか存じませんが | トップページ | 2月29日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どなたか存じませんが | トップページ | 2月29日 »