« 負けないっ。 | トップページ | 駆け込み乗車は »

2008年2月11日 (月)

雪遊び

C15tpa0_0000 サッポロ雪まつりが閉幕しました。
暖冬の年は、雪集めからはじまって、雪まつり
期間中に雪像が融けるまで心配が耐えません。
今年は雪に恵まれ、気温も上がり過ぎず、まず
まずの雪まつりだったのではないでしょうか。

初めて大雪像を見る人は圧倒されるようです。
大きさばかりでなく、彫刻を思い起させる精巧な

細工に、驚きを隠せないようです。子供の頃から雪に慣れ親しんで
きた地元の人には、そうした驚きや感慨が理解できなさそうです。
でっかい雪だるまといったら怒られそうですが、頑丈な骨組みの
上に、建設機械で積み上げられる雪まつりの雪像です。

等身大の雪遊びであればかまくらがあります。
これも観光化されていますが、元々は家族や子供同士で遊ぶもの
でした。ウンザリするほど降る雪と、少しでも折り合いを付けようと
すれば、邪魔な雪で遊ぶのも一つの智慧ででした。

雪と遊ぶ上で一番面白い遊びは、道具を使わずに自分の体で遊ぶ
ことだと思います。雪合戦です。
近頃はスポーツとしても普及して、各地で盛んに大会が開催されて
いるようです。ルールは様々あるようですが、雪だまをぶつけ合う
単純さが、思いのほか楽しさを運んでくれます。
子供と大人の混成チームや、男女混合チームなど、弱い者を混ぜて
チームの力が集中させない方が面白そうです。
スキーやスノーボードなどのように、危険を孕んだ雪山に入る必要は
ありません。安全で楽しい遊びとして普及させてみたいですが。
(雪だるまは携帯画像)

|

« 負けないっ。 | トップページ | 駆け込み乗車は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 負けないっ。 | トップページ | 駆け込み乗車は »