« 今様の元服 | トップページ | DVD方式に決着? »

2008年2月15日 (金)

祭事か?ワイセツか?

去る13日から14日にかけて、岩手県奥州市で1000年前
から伝えられる祭りが執り行われました。

この祭り、準備段階の昨年末に物議を醸した祭りです。
祭りをPRするポスターが、性的いやがらせに当ると判断
したJR東日本が、駅構内などでの掲載を断ったものです。
そうした事実を知ったメディアから興味本位で取り上げられ、
本来の目的とは違った形で話題になった祭りでもあります。

黒石寺蘇民祭(こくせきじ そみんさい)と呼ばれるこの祭りは、
国指定無形文化財になっているほど伝統ある祭りなのです。

その祭りのポスターがワイセツとされた理由は、今年作成
したポスターの図柄にありました。小太りで胸毛と顎鬚の
男性が、口を丸めて上を向き何か叫んでいるように見えます。
特に、胸毛がいやらしいといった批判があったようです。

これには、祭りを司る当寺の住職が憤懣を露わにしています
古来から伝わる祭りを、部外者が批判すべきではありません。
批判された当事者(写真のモデル)もインタビューに答えて、
実情を説明しています。

まあ、しかし、客観的に見たらどうなのでしょう?
少なくとも、私が見たところ、知らない人たちが嫌悪感を抱い
ても仕方ない図柄であると思います。写真全体のトーンが暗く、
それが祭りに秘め事めいた雰囲気を与えたように感じられます。
勿論、部外者にもポスターを支持し、擁護する人達もいました

本来の祭りそのものには、ワイセツな部分は無いのです。
問題があるとすれば、ある意味ムラの常識・世間の非常識
あったのではないか、ということ。
当事者の中では、祭りはあくまでも神聖な祭事であり、故に
祭りの写真も神聖である、との思い込みが無かったか?
その思い込みを、事情を知らない部外者に披露したところが
誤算だったのではないでしょうか。

長年の信仰に根ざした祭りと、興味本位の注目。
まさにメディアには、うってつけの話題だったようです。

|

« 今様の元服 | トップページ | DVD方式に決着? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今様の元服 | トップページ | DVD方式に決着? »