« 冷凍餃子の怪 | トップページ | いいとこ取りの与野党? »

2008年1月30日 (水)

ハンドボールの怪

中東の笛で注目を浴びたハンドボール。
やり直しになった北京五輪のアジア予選は、男女とも日本と
韓国だけの争いでしたが、異様な盛り上がりを見せました。

ついこの間まで競技そのものを知らない人が多かったでしょう。
それが、バレーボールに似た盛り上がりを見せるのはなぜ?
まるで観客はテレビ局の仕込み?と疑いたくなる有様でした。
審判の偏った判定に対する反発でしょうか、判官ひいきといった
ところかも知れません。

マイナーな競技ですが、観ると魅力あるスポーツです。
私は、シュートの際に見せる選手の身体能力に感心していました。
バスケットは上にジャンプしてシュートしますが、ハンドボールでは
横へのジャンプでもシュートが放たれます。
ジャンプしてシュートするにもフェイントを入れたりするのですから、
選手の跳躍力はどうなっているのでしょうか。

アジア予選は男女とも韓国が勝ち、日本は5月に開かれる世界
予選にまわることになりました。その時には再び騒動が繰り替え
されるのですかね。
野球やサッカー、それにヤンチャな選手が注目されるスポーツ界。
たまにはマイナーな競技に注目が集まるのは望ましいことです。

|

« 冷凍餃子の怪 | トップページ | いいとこ取りの与野党? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷凍餃子の怪 | トップページ | いいとこ取りの与野党? »