« さっぶう~!! | トップページ | 伝説のクライマー夫妻 »

2008年1月 8日 (火)

3児交通死判決

飲酒運転によって引き起こされた交通事故は、過失か犯罪か。
異例だった裁判所の指示は、予想通り、遺族寄りの法律判断は
下されなかった。

法廷は 真実を明らかにする場ではない
原告と被告、双方の主張が法に照らして妥当かどうかを問う場だ。
いうなれば法律ゲームとでも呼ぶべきか。
極論すれば、主張が、適用される法に照らして妥当な論理で
あれば、真犯人であっても無罪を勝ち取る恐れがある。

危険運転致死傷罪の適用には高いハードルがある
遺族の悲痛な嗚咽が聞こえる。
しかし、高いハードルは法律にあるのではなく、法律を適用する
裁判所そのものにある。
飲酒運転だろうが、酒気帯びだろうが、車を凶器として人の命を
奪った以上、正常な運転が出来たかどうかは主題とすべきでは
ないはずだ。
加害者が引き起こした結果から、罪の重さを量るべきではないか。

刑法は、被害者を救うためにあるのか?
それとも、加害者を救うためにあるのか?
被害者の気持ちが安らかになるまで、道はまだまだ遠いようだ。

|

« さっぶう~!! | トップページ | 伝説のクライマー夫妻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さっぶう~!! | トップページ | 伝説のクライマー夫妻 »