« 謹賀新年 | トップページ | つい見てしまう »

2008年1月 1日 (火)

寒い朝

明星とか平凡などといった芸能誌が全盛の時代、
スターは憧れの的であり、それ以上に神秘的な存在だった。

作曲家・吉田正氏は、吉田学校と呼ばれた門下生たちに
数多くのヒット曲を提供した。

吉永小百合。
当代随一の若手スターが唄った寒い朝は、
サユリストならずも耳を傾けた曲だった。

平成20年 元旦。
初詣帰りの道端を見ると、昨夜からの寒さで霜柱が立っていた。
ふと、彼女の歌声が蘇えった朝である。
15t64hi09



携帯カメラで撮影

|

« 謹賀新年 | トップページ | つい見てしまう »

コメント

凄い~ 霜柱ですね(○_○) ここまで接写されたら寒さを感じませんね。
なんか理科の教科書で 科学の時間を沸々と思い起こさせられる。
かっつさん携帯はどこのメーカーですか?
マクロが得意なカメラって好きです、興味しんしんです。

投稿: ぽっぽ | 2008年1月 3日 (木) 18時33分

ぽっぽさん、いらっしゃいませ。
西日本や中国地方の元旦は、とても寒かったようですね。

使っている携帯はauで、2006年夏から使っている日立製ですが
元はCASIO製で、日立にOEM提供していた機種です。
現在、日立は携帯から撤退して、以後CASIO製だけになります。

207万画素カメラで、後継機はCASIOから出ているW53CAです。
W53CAは、噂の500万画素カメラ搭載機です。
撮影サイズは UXGA1600×1200で、PCに取り込んでから
640×427にトリミングと縮小してアップしました。
同様の画像処理は、ブログ右にある「携帯フォト」にも
アップしてありますので参考になさってください。
接写だけでなく、遠景でも力を発揮してくれます。

投稿: kattu | 2008年1月 3日 (木) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | つい見てしまう »