« いいとこ取りの与野党? | トップページ | 大丈夫か?北京五輪 »

2008年1月31日 (木)

朝青龍 安堵

大相撲初場所が穏便に幕を閉じました。

出場停止明けの朝青龍に注目が集まった初場所。
千秋楽に横綱同士が相星で優勝を争ったことで、
朝青龍は安堵したのではないでしょうか。

一方、優勝した白鵬は、2場所連続して土俵を護った
プライドを傷付けられずに安堵
したと思います。

加えて、日本相撲協会も願った通りの流れになり、
胸を撫で下ろした
はずです。
二横綱以外の力士達にしても、二場所休場処分の朝青龍に
優勝されたのでは面目が丸潰れでした。

序盤取りこぼした朝青龍が、そのまま崩れて途中休場に
でもなったら、相撲人気の低迷だけで済まされない事態を
引き起した可能性が有ります。

横綱審議委員会の一部には、朝青龍に引退勧告とも取れる
発言をした委員がいました。仮に、朝青龍が成績不振に陥れば、
そうした腹いせじみた発言が現実のものに成りかねませんでした。
初場所後、すっかり大人しくなった当の審議委員氏もホッとした
かも知れません。

各人各様の思惑が、丸い土俵に収まったような初場所でした。

|

« いいとこ取りの与野党? | トップページ | 大丈夫か?北京五輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いいとこ取りの与野党? | トップページ | 大丈夫か?北京五輪 »