« こんなものかな? | トップページ | 今年の賀状から »

2008年1月 3日 (木)

箱根駅伝

新春恒例の箱根駅伝が終わると、途端に正月が終わって
しまった気分になる。

今年は、復路で逆転した駒澤大学が総合優勝した。
実力校であり、まずは順当な結果といえるのではないか。
2位は、往路を制した早稲田大学が踏ん張った。
3位に食い込んだ中央学院大学は、予想を大きく上回る大健闘。
亜細亜大学の5位と共に、新鮮なレース展開と話題を提供した。

関東学連選抜の4位は、お見事というほか無い。
元々、大学1校として出場できなかったチームから、成績上位の
エース級が選りすぐられたのだから、健闘するのに不思議はない。
それでも駅伝という、チームワークが大切な競技で、速成チームの
活躍は難しかっただろうという現実は、これまでの成績通り。
これで、来年のシード校が1校少ない9校になったが、その分、
予選会から勝ちあがれる学校が1校増える仕組みだ。
今年活躍した10人の成果が、来年の予選会と本大会で花開く。

残念だたのは、3校が途中棄権したことだ。
棄権の原因がどこにあったのか、詳しい検証が必要だろう。
その結果、来年以降の大会運営や、選手育成に役立てたい

大学駅伝は、出雲全日本全日本大学駅伝が全国大学参加で
開催され、箱根は関東学生陸連のみの参加である。
しかし、箱根の有力校が前の2大会にも参加しており、10月から
1月まで短期間で結果を出すスケジュールに無理はないのか。

大相撲の若手かわいがりではないが、選手育成は健康と
将来性を
充分考慮して行われるべきだ
コースの区間割りを見直し、1区間の距離を検討する必要もあろう。
今大会を、大きな教訓としてほしい。

|

« こんなものかな? | トップページ | 今年の賀状から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなものかな? | トップページ | 今年の賀状から »