« ミシュラン 三つ星へ行く | トップページ | 省資源と再利用 »

2007年12月 4日 (火)

泥んこ野球

北京五輪の野球アジア予選で、日本チームが出場権を勝ち取った。
試合中盤から、TV中継についつい見入ってしまった。
日本チームが五輪に出場できるかどうかは、興味が無かった。
まして、プロ野球に目を向ける機会がめっきり減っているのにだ。

トーナメント方式は一試合ごとが真剣勝負だから、その分、見て
いても緊迫感があって面白い、といわれる。
今回の予選は総当り制だが、出場権は一チームにしか与えられない
厳しさで、それだけ真剣味が増す。

選手たちは目の色を変えて試合に臨み、そうした気持ちはプレーに
如実に表れる。
特に、ユニフォームを泥だらけにしている選手を多く見かける。
真剣勝負が、彼らの闘争心と、真摯な姿勢を導き出すのだろう。

そうだ! 選手や、監督・コーチだって昔は野球少年だった。
彼らの瞳には、野球少年だった頃の夢が映っているかのようだ。

|

« ミシュラン 三つ星へ行く | トップページ | 省資源と再利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミシュラン 三つ星へ行く | トップページ | 省資源と再利用 »