« 豆奉行 | トップページ | ゆく年 くる年 »

2007年12月30日 (日)

私を○○○○に連れてって♪

2007年も、残すところ2日。
世間の主婦たちは、年越し準備で大忙し!! のハズ。

子供の頃、良く考えたものです。
今日から明日に変わるだけなのに、どうして大騒ぎするの?
明日の日の出は、どうしてそんなにありがたいの?
でも、ご馳走を食べられて、何より、お年玉はウレシイ!!

あの頃の大人は、本当に大騒ぎして新年を迎えていましたね。
襖や障子、はては畳の表替え・・・そして大掃除。
この真冬に、家中開け放してどうして!?

こうした時代から考えると、今の世相は随分楽になっているのでは?
餅はスーパーで買えるし、襖や障子がある家庭は少ない。
お節料理は、一流料亭の味をデパ地下で調達できる。
何より、略式に批判の目が無くなっている時代です。

そうした便利な時代で、一つだけ不便になっていること。
スーパーやコンビニは元旦から営業している。
必要があれば、元旦からでも食糧を調達できる。

でも、そこで出たゴミはどうしましょう!?
新年の何日かは、家庭で保存するしかありません。
調達可能が便利なのか、不便なのか??

ねぇ!
私を清掃工場に連れてって♪



|

« 豆奉行 | トップページ | ゆく年 くる年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豆奉行 | トップページ | ゆく年 くる年 »