« さむっ!! | トップページ | 紅葉 真っ盛り »

2007年12月 2日 (日)

愛用品

私が使っているデジタルカメラは旧式で、ファインダーが装備されたC15t36hi018
超旧世代機だ。
ファインダーについては便利に使っているので
不満はない。
例えば、直射日光を浴びるような場所では、
液晶モニターに映った画像が見難い場合がある。
そんな時に、ファインダーで確認できるのは便利だ。
何にせよ、写真はファインダーで狙わねば。

ファインダーで確認したフレーミングと、出来上がりの画像の
フレーミングに差が出る(パララックスが生じる)ので、厳密な
フレーミングは無理だ。
しかし、そこはデジタル機器のよさで、後から自分が狙った通りに
トリミングで修正できる。

有効画素数は400万画素。
今ではコンパクト型でも700~800万画素が普通になっており、
1,000画素を超えるカメラも普及している。
携帯電話に装備されるカメラでさえ、500万画素製品が出ている。
そうすると、私の400万画素カメラは携帯以下か!?。

撮った写真は、99%がウェブ上での公開である。
特別な写真を撮るでなく、スナップを撮るには充分過ぎる画素数だ。
過ぎたるは及ばざるが如し。
機能を使いきってこそ愛機と呼ぶに値する。

と言いつつ、いつか1,000万画素を夢見ている。
愛機よ済まぬ。

|

« さむっ!! | トップページ | 紅葉 真っ盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さむっ!! | トップページ | 紅葉 真っ盛り »