« 豆の炊いたん | トップページ | 望郷酒場 »

2007年12月17日 (月)

気○○○に刃物

米国始め諸外国では、乱射など銃に関わる事件が続発する。
特に米国民は、開拓時代から己の身は己で守る考え方だという。
銃規制がままならない事情は、こうした米国民の自己保身に対する
意識が強く影響しているようだ。
一方、業界からの圧力といった事情も見逃せないだろう。
これらの事情が、銃規制の強化どころか、規制の検討すらされない
原因になっているのだろう。

そうした折りに、佐世保市で起きた散弾銃の乱射事件。
本質は相手を特定しての殺人事件のようだが、凶器が銃であり、
8人もの死傷者が出たことから、社会に与えた影響は大きかった。
この事件をうけ、福田首相は銃規制の必要性を示した。

日本の一般社会で、護身を目的とした銃所有は必要ない。
しかし、実態は簡単に銃を所有することが可能らしいし、刀剣類でも
同じような事情なのではないか。
銃刀の所有は第一に蒐集を目的としているが、銃は狩猟やスポーツ
目的で所有する人もいて、刀剣より所有動機が広範囲に及ぶ。

銃刀類を所有するには厳しい資格審査を課し、日常の保管にも
厳格な基準を設けるのは当然だ。
今回の犯行前、近隣住民から警察に不安が伝えられていた。
警察の事件予防に対する甘い対応は、様々な事態で叫ばれる。
使用目的を違えれば、即刻重大な事件事故に直結する刀剣類だ。
一日も早い対応が望まれる。

|

« 豆の炊いたん | トップページ | 望郷酒場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豆の炊いたん | トップページ | 望郷酒場 »