« 食の安全保障 | トップページ | 法の順守 »

2007年11月28日 (水)

食通への道

食通と呼ばれる人がいる。
外で食事するのに、表通りの店であれ、裏通りの店であれ、
的確に旨い店を知っている。
その食通が日本人でなく、外国人だとしたらどうだろう。
まして、その人の母国でなく東京の事情に通じていて、
地元民の我々より東京の旨い店に通じているとしたら、驚くより
不思議に思うものだ。

そこで、食通氏に聞いてみる。
「あなたは本当に旨い店を知っているが、旨い店を見つけるコツは
どこにあるのか?」
食通氏の答えは「この一軒を見つけるために何軒で失敗して
いると思う?」
食通氏によると、旨い店と巡り逢うのは偶然ではなく、
根気に基づく努力と忍耐の賜物だという。

そして、こうもいう。
一度訪れただけで、その店の真価はわからない。
一度目は、訪れた事実で感激してしまい、味を正等に
評価できない。
二度目に訪れてこそ、本当の味を評価できる。

旨い店を見つけるには、他人の舌とフトコロを当てにしては
ならない。
あくまでも、自分の舌とフトコロで判断すべし
そして、根気・努力・忍耐を惜しんではならない。

ユメユメ、見知らん人に教えてほしい! なんて頼ってはいかん
のだよ。

|

« 食の安全保障 | トップページ | 法の順守 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食の安全保障 | トップページ | 法の順守 »