« 不覚 その二 | トップページ | しまらない話し »

2007年11月21日 (水)

万能細胞

京都大学 再生医科学研究所が、人間の皮膚細胞などから、
各種の組織の元になる万能細胞をつくることに成功した。

このニュースは、国内ではそこそこの扱いだったが、
海外ではトップニュースとして扱われたようだ。
この違い、医科学に対する認識差より、根底にある宗教観が
大きく作用しているのだろう。

これまでの代表的な万能細胞はES細胞で、これは受精卵から
つくられるもので、倫理的な見地から批判が強かった。
クローン羊を誕生させた時に、世界を震撼させたのは
まさに生命の尊厳に関わる問題だったからだ。
今回の成功で、クローン羊を誕生させた研究者は、今後は
クローン技術の研究を行わないと述べたのは印象的だ。

今回の研究では、本人の皮膚などから採取した細胞に、
複数の遺伝子を組み込んで万能細胞をつくり出すので、
倫理面での問題はない
加えて、本人の体細胞からつくるので、組織を移植した場合に
拒否反応を起こさないといわれる。

筋肉や臓器、神経や骨髄など、今後の研究から生み出される
組織が増えると、難病に苦しむ人々を救う大きな手がかり
なる。

一方、米国ウィスコンシン大学の研究チームが、新生児の皮膚細胞から
万能細胞をつくることに成功したと発表している。

|

« 不覚 その二 | トップページ | しまらない話し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不覚 その二 | トップページ | しまらない話し »