« 秋の日のヴィオロンの・・・ | トップページ | 陸にあがった鯨 »

2007年11月14日 (水)

碧い星

我が国の月探査機かぐやから送られて来た映像を見た。
その映像で、地球が碧い星であることを改めて認識した。
月を周回するかぐやからの見た目で、地球の出地球の入り
見ることも出来た。

地球から月を見るのと違い、月から見る地球は満ち欠けが
ないのだろうか。
恐らく、双方の位置関係と、自転や公転の関係で満ち欠けは
見られないのだろう。

そう遠くはない将来。
市井の地球人が、月面から碧く輝く地球を眺められるように
なった時、世界は変わるだろうか?
宇宙を体験した宇宙飛行士は、等しく人生観が変わったという。
より多くの地球人が月面を訪れるのが可能になった時、
この星に少なからず変化が訪れることを期待しよう。

|

« 秋の日のヴィオロンの・・・ | トップページ | 陸にあがった鯨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の日のヴィオロンの・・・ | トップページ | 陸にあがった鯨 »